2018年4月27日(金)弘前城の桜 岩木山神社、鶴の舞橋

*弘前城址公園*

毎年4月下旬から行われる弘前公園のさくらまつりは、大正5年(1916年)に始まった

夜桜見物から、大正7年に商工会が「観桜会」として、昭和36年(1961年)には名称を

「弘前さくらまつり」と改め、現在にいたっております。

スクリーンショット 2017-02-27 14.07.12

hirosakipark171113-745x300

***

*岩木山神社*

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、

創建約1,200余年の歴史を持っています。
岩木山神社は、本州最北端の鎮守様の木材・県産のヒバを使用し、

古いものは390年の風雪を耐えた建造物です。
岩木山を望む鳥居から本殿までの長い参道は、杉木立に囲まれています。

***

*鶴の舞橋*

***

鶴の舞橋は平成6年7月8日、岩木山の雄大な山影を湖面に美しく映す津軽富士見湖に、

日本一長い三連太鼓橋「鶴の舞橋」として架けられました。

全長300メートルもの三連太鼓橋はぬくもりを感じさせるような優しいアーチをしており、

鶴と国際交流の里・鶴田町のシンボルとして、多くの人々に愛されています。

岩木山を背景にした舞橋の姿が鶴が空に舞う姿に見えるとも言われ、また、

橋を渡ると長生きができるとも言われています。夜明けとともに浮かび上がる湖面の

橋の姿や、夕陽に色づく湖と鶴の舞橋は絶景で、

季節の移り変わりと共に多くの観光客たちの目を楽しませています。

***

基本日程

日程2018年 
4月27日(金)
〜28日(土)
定員40名(最少催行20名)
集合・解散仙台駅・長町駅
わくわくルート
旅行代金33,900円
備考1名一室利用
1日目夕食オプション
(弘前郷土料理と津軽三味線/別途料金)
お申し込み

日程表

旅行代金に含まれるもの

・貸切バス交通費 ・添乗員同行

・食事(朝:1 昼:2 夕:OP)
・各種入場料 ・全旅協旅行災害補償制度

旅行代金に含まれないもの

ツアー費用に含まれるもの以外。下記はその一部です

ツアー費用に含まれない食事、飲み物代、記載のない施設入場料、お土産代など



定員とお申込みについて

最少催行人員… 20〜43名 ※各コースによって異なります。
(催行確定は日帰り7日前、宿泊コース14日前となります)
参加人員に応じてマイクロバス、小型、中型、大型バスにて催行いたします。

お申込みから出発まで

お申込みの際は、コースNo・コース名・参加者全員のお名前・住所・電話・生年月日(保険加入のため)をお知らせください。お申込みは電話・FAX・メールにて受付ます。

旅のご案内(条件書)と旅費の払込用紙を送付いたします。
最終日程表(旅のしおり)はご出発の5日前を目安にお送りいたします。
※旅行契約は当社が旅行代金を受領したときに成立します。

*振込手数料はお客様にてご負担ください。
*振込のみで、クレジットカードはお取扱できませんのでご了承下さい。

取消料について

スクリーンショット 2015-08-23 10.35.22

■旅行企画・実施

(株)旅エール
〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町1-5-33-3F
TEL.022-796-6770 FAX.022-774-2120
宮城県知事登録旅行業第2-357号

*旅行条件書は必ずお読みください。
この旅行条件は2018年1月1日を基準としております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です