リアルモネを体感ツアーその1 みどりの真珠「気仙沼大島」日帰り

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

出発日

2021年10月24日(日帰り)

おすすめポイント

「おかえりモネ」 みてましたか?

ドラマの中の時間軸では

つい最近、
気仙沼大島の鶴亀大橋が完成したタイミング
いよいよ、物語は 終盤に入っていく模様です。

今月いっぱいで終わると思うと
モネロスになってしまう自分がいて、、
いまからどうしよう!って不安になります

さて、
その 「おかえりモネ」の舞台は
宮城県 登米市と気仙沼大島


リアルモネストーリーを体感する
日帰りツアー第一弾!


気仙沼大島 は 
「森は海の恋人」という言葉を実感できる 
「海と森のニッポン」を象徴する街

東日本震災、

あれから10年という節目に
作者の安達奈緒子さんの
目の付け所、ほんとうに素晴らしいと思います。

素晴らしい仕事をされてますね。


毎朝の15分間で ジーーーン!としますよね。

ぼくたちの宮城を舞台とし、
東日本大震災を経験した若者たちを軸とした
この時代、この地で生きる人たちの葛藤と喜び


このような物語がつくられた場所に
ご案内し、あらためてそこに息づく
人と、この地域の魅力を体感してもらいます。


いままで、仙台から気仙沼は3時間かかりました
大島にいくにはそこからまたフェリーにのるので
なんやかんやとプラス1時間。

(往復だと8時間かかってました:汗)

いまは二つの大きな橋がかかり、
仙台から2時間で大島までいっちゃいます

(往復で4時間ですよ!)


「夢みたいです!」


正直、フェリーでいくからこそ
そこに味があっていいのに、、
「橋なんていらない」なんて

思っちゃっていた自分もいましたが
こんなに便利になるとは思って
いませんでした。。


震災後、仲間たちと足繁く通って
復興のお手伝いをさせていただきました。
そのご縁が10年後のいま。


このようなカタチで
「特別な旅」にできることを
幸せに感じます。

ぜひ、気仙沼大島の方々に一緒に
あいにいきましょう。

いまだからこそ、
感じれること。思うこと。

確かめにいきましょう。

 ぼくたちの郷土の素晴らしさを

体験型ツアープランナー
酒井陽介


追伸:
実は、母親が気仙沼出身です。

旅行代金

15,800円


日帰りツアーにしては少し高く感じるかもしれません。
少し高い理由は他では感じることのできない時間を
限られた参加者にご提供させていただいているからです。

人と地域の魅力を体感して、元気を保ちましょう!

基本日程

※交通状況等の諸事情により、行程の順序を変更する場合がございます。
日付内容食事
10/24
(日)
仙台駅7:30・長町駅8:00=気仙沼大島大橋(鶴亀大橋)=亀山展望台=計仙麻大嶋神社(神主さんのお話とご祈祷)=民宿おかみさん手作りの新鮮!島ランチ(かよさんのお話、いま感じていること)=小田の浜(風を感じて)=気仙沼にてお買い物・港のカフェタイムなど自由時間=三滝堂道の駅=長町駅・仙台駅18:30朝:×
昼:◯ 夕:×

このツアーの最少催行人数と補足情報

催行最少人員:12名(定員18名)



旅行代金に含まれるもの
:交通費(現地交通費、貸切バス等)食事代(昼1)、入場料、添乗員同行、旅行保険

旅行代金に含まれない主なもの

集合場所までの交通費、お土産代など
他のツアーはこちら お申し込みはこちら

取消料について

国内旅行に係る取消料(日帰りツアー)

取消日(契約解除の期日)取消料(一名様)
旅行開始の前日から起算してさかのぼってa)11日前まで無料
b)10日〜8日前まで旅行代金の20%
c)7日〜2日前旅行代金の30%
d)旅行開始日前日旅行代金の40%
e)旅行開始日当日〈fを除く〉旅行代金の50%
f)旅行開始後又は無連絡不参加旅行代金の100%

お申込みから出発まで流れ

  1. ホームページ、LINE、メール、電話等にてお申込
  2. 旅エールから契約書面、旅行条件書、旅行参加者名簿、請求書等を送付
  3. 旅行代金お支払い(お振込またはクレジットカード決済)&参加者名簿ご提出下さい
  4. 旅行契約成立
  5. 確定スケジュールを送付
    集合時間、出発時刻、主要運輸機関名・宿泊施設名およびオプションなどの詳細は、確定スケジュール表にて、出発の一週間前までにお届けいたします。
  6. ご出発

旅行企画・実施

(株)旅エール
〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町1-5-33-3F
TEL.022-796-6770 FAX.022-774-2120
宮城県知事登録旅行業第2-357号

*旅行条件書は必ずお読みください。