添乗員研修へ 新潟、伊勢志摩編

添乗員研修に行ってきました♪

こんにちは村上です。

新潟の旅行会社、トラベルマスターズ(以下 トラマス)主催、1泊2日の添乗員研修に参加してきました。

添乗のいろはとは、言わばその会社の企業秘密です。それを惜しげもなく、徹底的に指導していただきました。

ここまでするのには理由があります。それは、これまでの旅行業界に風穴を開け、みんなで変えていく!という鹿島社長(トラマス)の熱い思いがあるのです。
そして、志を同じくする旅行会社が全国に10社あり、旅エールもその1社です。風穴を開ける動きは、静かに確実に広がっている、そんな思いがしました。

今回の研修では宮城、岐阜、長野からの参加がありました。初めて会うのに、初めての気がしない。同じ目標を持っているからでしょうか…。波長の合うみなさんとみっちり研修という名の修行をしてきました。

1月25日(月)

新潟から伊勢に向うバスが、研修の舞台。朝のあいさつを何度も練習。

常念岳

登山ツアーも多いトラマス。
私も一つ山を覚えました。

エクシブ鳥羽

前日からの発達した低気圧のため、全国的に大雪。
この日は新潟から志摩へ移動で一日が終わりました。

 美味しい食事あっての旅ですね。
夕食の後は、社内木鶏会に参加させていただきました。
1月26日(火)
お部屋からの朝日。
雲ひとつない快晴!
ともやま展望台
志摩の美しい展望台。
みなさんに着いていきます!
と言いたくなるような後ろ姿。
伊勢神宮
駆け足で集合写真のポイントや宮内の距離感、トイレの場所をチェック。添乗員の視点を教わりました。
 幻の脱皮 伊勢海老
お昼は幻の脱皮伊勢海老!!
脱皮したばかりの伊勢海老は柔らかく、頭から尾まで食べられる。
髭や足まですべてが驚きの柔らかさ!
すべてが美味しいお食事。
フグの唐揚げの柔らかさとジューシーさといったら…思い出しただけでお腹が減ります…。
ソテーになって再び、伊勢海老登場!バターの香り、濃厚な海老の身…まさに絶品!
帰りのバス社内での一コマ
トラマスの新人さん2人を先輩がフォロー。チームワークの素晴らしさに感動しました。
本厚木で離団
東京へ向かいます。
「サウンド・オブ・ミュージックとキルトフェスティバル、雅叙園 百段雛まつり」ツアーに合流します。
ツアーのレポートはこちら
http://tabi-yell.com/tabirepo/5405.html
〈添乗員研修を振り返って〉
添乗挨拶の他、近江聖人 中江藤樹の映画鑑賞、雑誌「致知」の抜粋をテーマにみんなで語り考えを深める会など、添乗員研修にとどまらない、人間教育の場でした。特に中江藤樹の「五事をただす」は、生き方のお手本にしようと思いました。「五事をただす」添乗員として頑張りたいと思います!◎五事をただす
「貌」…おだやかな顔で人と接する
「言」…思いやりを持って優しい言葉で話す
「視」…澄んだ目でものごとをみる
「聴」…耳を傾け人の話を聞く
「思」…まごころを込めて相手を思う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です