会津ころり三観音めぐり(4月18日)

こんにちは村上です!

4月18日(月) そよかぜツアー 会津ころり三観音めぐりへご案内してまいりました。

仏都会津には「ころり三観音」信仰があります。
三毒の悪しき心(貪:とん=むさぼること、瞋:しん=いかること、痴:ち=おろかなことを、

三観音を巡礼することで仏の慈悲により消し去ってもらい、心の安らぎや健康長寿、

やがてころりと安楽往生がかなうと言われています。
立木観音

(出典 http://gokujo-aizu.com/33kannon

最初の目的地は「鳥追観音」

鳥追観音には、左甚五郎作の「隠れ三猿」がいます。

心に迷いがあると見つけられないとか…。

写真1

写真10

なかなか見つけられない隠れ猿をお寺のお母さんが教えてくれました。

思いがけない解説付きの案内は、素朴な会津弁とあいまって心があたたまりました。

続いて訪れたのは「中田観音」

ここは野口英世のお母さん、シカさんが深く信仰したお寺です。

ちょっぴり辛口和尚さんの説法は分かりやすく、ご祈祷もしていただきました。

写真 4

三つ目の「立木観音」へ

8mを越える巨木に彫られた観音様は圧巻でした。

左右には二十八部衆と風神雷神。30体の像が放つピリッとした空気は独特でした。

撮影厳禁ですので、もう体験していただくほかありません!

写真 3

おまちかねのご昼食は、会津の郷土料理をいただきました。

古民家でいただく心のこもったお料理。おいしくいただきました。

写真 5

yashiki002

「鰊屋敷太田」(出典:http://nishinyaoota.com/

ご昼食の後は、鶴ヶ城散策と飯盛山の見学へ

写真 7

白虎隊の演舞を見学

写真 8
5代目墓守の飯盛さんにガイドしていだきました。

仏都会津の古寺をめぐり、

ご昼食には郷土の味にしん料理を召し上がっていただき、

鶴ヶ城と飯盛山では会津の歴史にふれました。

たくさんの切り口で楽しめる会津。

仙台から2時間半ほどの所にこんなに魅力のつまったまちがありました。

ご案内 村上みお

「旅を通しホッとできる関係をむすびます」
0266456d6ed9ad75d0d96ae9b816603d

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です