にっぽん🇯🇵 ラン🍙旅エール vol2 お伊勢参り編

「 走れるってことが、、、 」

こんなにも有り難いことだってことを
このコロナ禍で感じていませんか、、?


地方で参加させてもらった 数々の「マラソン大会」
タイムはさておき、あの、走りきったあとの なんともいえない達成感、充足感、疲労感はあるものの、長い距離を走り終えたときの気持ち。

そして、一緒に参加している仲間との感動、同じ道を走りきった 完走共感いいですよね、、

なので、今年はさびしいですね。

(中止中止中止、、、)


なにか目標もって、走れていますか?

こんな状況だからこそ、またひとつ企画をしました。

 

 

 

 

日本の聖地 「伊勢神宮」を走って巡る旅

むかしの人々は お伊勢参りのために、日本各地から歩いてきたんですよね。

*ちなみにぼくの住んでいる伊達藩(仙台)からは、、
なんと!片道40日だそうですよ

おどげでね~
(仙台弁:とても。たいへん。並の事ではない。途方もない。)

 

いくらマラソン好きな僕たちでも、
それはちょっと引きますよね、、やってみたい気もするけどw

 

伊勢神宮は
摂社末社あわせて
125社からなる 集合体を「伊勢神宮」と総称として呼んでいます。

その頂点が 神宮(内宮)なのです。

伊勢神宮 ではなく、伊勢の神宮 神宮は日本でただひとつ「内宮」のことを指します。

ぼくは2013年に
東京丸の内朝大学(古田秘馬さん)が番外編として企画した、「究極のお伊勢参り講座」に確か、、2ヶ月にわたって参加しました。
東京に通って、学びを深めました。

ちょうどこの年は 伊勢神宮、出雲大社 100年に一回しかこない ダブル遷宮の年だったのです。
伊勢はご存知の通り、20年に1回。出雲は50年に1回。
ですので、100年に1回しかないのです

伊勢とあわせて、出雲のことも学びました。
鶴田真由さん、竹田恒泰さん、鈴木英敬三重県知事からもお話を伺うとても貴重な機会でした。
この講座の最後に、実際に伊勢にお参りし、御垣内参拝をさせていただいたことがぼくにとって
とても大きなターニングポイントになりました。

(旅で人生かわったと思います)

 

その時の記事はこちら。→

 

すこし前置きがながくなりましたが、

ぼくたち、日本を愛する人たちにとって

特別な聖地「伊勢」を走ります。

 

 

 

 

 

 

【こんな設定で走ります】

・伊勢をお参りする前にやっておきたいこと。
それは体を清めること。「浜参宮」といいまして、古来、遠くからきた人々は直接伊勢に入らず、海岸線の「二見」にある興玉神社にて「無垢塩祓い」という神事を受けて、体、心を清らかな状態にしてからお参りされたのです。

→初日、集合場所の伊勢市駅から二見まで走っていって「無垢塩祓い」参拝

 

・「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊をかけねば片参り」。
これは伊勢音頭の一節にうたわれた言葉。朝熊岳金剛證寺(あさまだけこんごうしょうじ)は、伊勢神宮の鬼門を守る寺として知られ、伊勢神宮へ参宮したあとは金剛證寺へも参るのが良いとされてきました。

→ちょっと順番は逆ですが、2日目早朝、内宮正式参拝の前に朝熊(あさくま)山にトレランします

 

・せっかくの令和の新時代、コロナ禍ではありますが、(コロナ禍だからこそ)、にお参りさせていただきますので、正装(男性はスーツスタイル、女性はそれに準ずるスタイル)にてお神楽をあげて、御垣内参拝をさせていただきます。正装で天照大神に近づかせていただき、この国にでいきるものとしての感謝の参拝をさせていただくのです。

 

→なにがいいって、、二見と朝熊、二つの準聖地を走ってめぐってきたあと、心も体もキリッとした状態で、ランスタイルから正装に転じて、内宮(天照大神)へ、一緒に走りきった仲間たちとお参りさせていただくシュチュエーション。最高だと思います。


「一生忘れられない現代のお伊勢参り」だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、詳細です

その地を走るからこその
出会いと感動がある

にっぽん「ラン旅エール」

第2回目は

「走ってお伊勢参り&内宮正式参拝」

  多気町丹生(たきちょうにゅう)まちあるき


本日より、正式に募集スタート♪ 【限定20名】

ーーーーー

11月14日(土)


11:30

伊勢市駅集合

着替え、荷物を預け

12:00出立

①走って浜参宮

伊勢市駅~禊浜・二見興玉神社(無垢塩祓で清めます)~

宿泊する神宮会館までのロード26km

17:00頃

お宿到着予定

*神宮会館にて夕食交流会、早めに就寝

男女別3名以上1室

ーーーーー

11月15日(日)

05:30出立

②伊勢へ参らば朝熊駆けよ、朝熊駆けねば方参り

神宮会館~朝熊山(あさまやま)~神宮会館

トレラン10km 宇治岳道

標高555m 山頂は神宮の鬼門を守る金剛證寺があります。

09:00頃戻り、身支度を整え

10:30 正装にて内宮へ

「正式参拝」

※御神楽と御垣内参拝

13:00 お参りとおはらい町&おかげ横丁散策

14:30 神宮会館、荷物ピックアップ

(ここからは貸切バスにて)

15:00 外宮参拝

16:30

ホテルエコノ多気(シングル宿泊)にプレチェックイン

18:00

丹生(にゅう)にて直会(なおらい)

*直会=神事のあとの宴会

酒井とっておき友人のお店です

※

伊勢を走って巡った感想、正式参拝した感激を共有します♪

21:00

ホテル到着

二次会オプショナルツアーもあるかも♪

ーーーーー

11月16日(月)

08:30

朝食後、ホテルから貸切バスにて丹生へ

「丹生まちあるき」*3日目は走りません

街のおっちゃん語り部ガイドご案内

丹生神社(月なみ祭)、丹生大師、郷土ランチなど

ラン旅のクールダウン ゆっくりのんびり過ごしま~す

丹生(にゅう)初めて聞くのではないでしょうか、とても味のある隠れ里。

14:30 貸切バスにて

15:00

松坂駅到着、解散

(中部国際空港までは 近鉄特急、約2時間)

17:30 中部国際空港(到着目安)

*福岡へ 1900発

*那覇へ 1905発

*仙台へ 1950発

*羽田へ 2040発

 

 

 

 

 

 

旅行代金 ¥103,800円


(GOTOトラベル対象ツアー)

→¥69,800


*75,800円をいったんお支払いいただきますが、
6,000円分の地域共通クーポンを付与させていただきますので実質¥34,000お得になるという表示です。

 

【申し込み期限】 10月16日(金)

旅行代金に含まれるもの
:現地滞在中の交通費、食事代(朝食2回 昼食1回 夕食2回)、宿泊費(1日目3名以上1室、2日目シングル)観光入場料、ラン中のオリジナルエイド(飲食物)、ツアーコーディネイター酒井同行、現地滞在中の旅行保険加入、スペシャルオリジナルユニフォームTシャツ(前回の秋保ラン参考イメージ)、心強い現地ランサポーター同行

*集合場所までの交通費は含まれません(各自負担)


三重県伊勢市の現地ランパートナー
【谷本さん サブ3】と
【山ガール ときさん】がこの旅をサポートしてくれます。


丹生では
【お洒落な地域コーディネーターさくらさん】が
ぼくたちを迎えてくれます。*2日目夜の食事会は
さくらさん、お母さんの手料理(予定)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【重要】

・参加者には2週間前から、ご自身の健康観察を行っていただき、弊社指定の問診票のご記入、及び提出を行っていただきます。(グーグルフォームにて事前提出、当日ご署名いただきます)こちらを提出いただけない方は、参加いただけません。

・ランには現地サポートスタッフが運転するサポートカーが同行し、オリジナルエイドの提供及び途中棄権や緊急時のフォローをさせていただきます。

・伊勢警察署にランイベントに関する道路許可申請を行わせていただきます。

・走らない方、応援現地サポートとして参加していただくことも可能です。


【こんな方におすすめです】

 

・え!まじ、走って「お伊勢参り」 おもしろそ~♪

・正式参拝もいいね!
(御垣内参拝、あの雰囲気一度は感じてみて)

・神宮会館に宿泊してみたかった

・二見、朝熊、内宮 なにげにポイントおさえてる~

・2日走って、仲間と美味しいお酒を酌み交わし、
3日目はのんびり観光 いいね♪


・内宮参拝の後、おはらい町でこの最高の流れで、
酒井と白鷹で最高のお酒を飲みたい貴方

・丹生(にゅう)も、かなりいいですからね。に、
なぜか引かれる貴方

・走らないけど、秋保編の映像みたら
なんだか、一緒にいきたくなる貴方

 

 

 

 

 

 

 

 

今日(10月6日)からカウントしますと、、
出立は40日後。

 

11月14日(土)

11時30分 伊勢市駅集合 12時00分 出立!


こんなときだからこそ、こんな時代の節目の年だからこそにっぽんの聖地に集結して、祈り、走り、自分、そして、ともにする仲間の心に響く 時間をともにいたしましょう。

 

いつものように、走った後の、あの感動。
その感動に、日本の聖地「伊勢」のいにしえから続く「祈りと感謝」のチカラが加わり、
あなたは、さらにパワフルな状態になっていること、
今年1番の充足感をお約束します。

 

常若(とこわか) *常に若々しく美しい

弥栄(いやさか) *ますます栄えること


さあ、この二つをとりに、伊勢に参りましょう。

(既に、仙台、江戸、そして琉球からのラン友10名が内定しています)

ランツアーの内容上、
そしてコロナ禍ということで
【限定15名】

あと、 6名となります。


GOTOトラベル利用でお得になるこのタイミング、、思い切って決断されてください。

動かなければあなたの前の景色は変わりません、、

 

【一緒に走る添乗員 酒井陽介のマラソン実績】

・宮古島ワイドマラソン100km  1戦1勝(14時間)
・NAHAマラソン 10戦10勝(平均5時間くらいです)
・岩手銀河マラソン100 2戦全敗
(くじけちゃいました、、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考映像:ラン旅エール

第1回 仙台・秋保神社「勝負の神」編

 

基本情報

 

 

日程2020年 
11月14日(土)〜
11月16日(月)
定員20名(最少催行10名)
集合・解散伊勢市駅
旅行代金69,800円(GOTO対象)
備考集合解散場所までの交通費は別途料金
お申し込み下にありますグリーンの
[お申し込み]からご登録ください
お申し込み

日程表(スケジュール)

2020年
11月14日(土)〜16日(月)

【1日目】
11:30伊勢市駅集合(着替え、荷物を預け)12:00出立①走って浜参宮伊勢市駅~禊浜・二見興玉神社(無垢塩祓で清めます)~宿泊する神宮会館までのロード26km
17:00頃お宿到着予定 *神宮会館にて夕食交流会、早めに就寝男女別3名以上1室

【2日目】
05:30出立②伊勢へ参らば朝熊駆けよ、朝熊駆けねば方参り 神宮会館~朝熊山(あさまやま)~神宮会館*トレラン10km 宇治岳道、標高555m 山頂は神宮の鬼門を守る金剛證寺があります。09:00頃戻り、身支度を整え、正装にて内宮へ「正式参拝」※御神楽と御垣内参拝、お参りとおはらい町&おかげ横丁散策(自由ランチ)神宮会館、荷物ピックアップ(ここからは貸切バスにて)外宮参拝=ホテルエコノ多気(シングル宿泊)にプレチェックイン18:00丹生(にゅう)にて直会(なおらい)*直会=神事のあとの宴会。酒井とっておき友人のお店です。伊勢を走って巡った感想、正式参拝した感激を共有します♪=ホテル
二次会オプショナルツアーもあるかも♪

【3日目】
08:30朝食後、ホテルから貸切バスにて丹生へ「丹生まちあるき」*3日目は走りません街のおっちゃん語り部ガイドご案内。丹生神社(月なみ祭)、丹生大師、郷土ランチなどラン旅のクールダウン ゆっくりのんびり過ごしま~す丹生(にゅう)初めて聞くのではないでしょうか、とても味のある隠れ里。貸切バスにて15:00松坂駅到着、解散

 

旅行代金に含まれるもの

現地滞在中の交通費、食事代(朝食2回 昼食1回 夕食2回)、宿泊費(1日目3名以上1室、2日目シングル)観光入場料、ラン中のオリジナルエイド(飲食物)、ツアーコーディネイター酒井同行、現地滞在中の旅行保険加入、スペシャルオリジナルユニフォームTシャツ(前回の秋保ラン参考イメージ)、心強い現地ランサポーター同行

旅行代金に含まれないもの

ツアー費用に含まれるもの以外。下記はその一部です

*集合場所までの交通費
ツアー費用に含まれない食事、飲み物代、記載のない施設入場料、お土産代など

 

定員とお申込みについて

最少催行人員… 10名 ※各コースによって異なります。
(催行確定は日帰り7日前、宿泊コース14日前となります)

参加人員に応じてマイクロバス、小型、中型、大型バスにて催行いたします。

お申込みから出発まで

お申込みの際は、コースNo・コース名・参加者全員のお名前・住所・電話・生年月日(保険加入のため)をお知らせください。お申込みは電話・FAX・メールにて受付ます。

旅のご案内(条件書)と旅費の払込用紙を送付いたします。
最終日程表(旅のしおり)はご出発の5日前を目安にお送りいたします。
※旅行契約は当社が旅行代金を受領したときに成立します。

*振込手数料はお客様にてご負担ください。
*振込のみで、クレジットカードはお取扱できませんのでご了承下さい。

取消料について

スクリーンショット 2015-08-23 10.35.22

■旅行企画・実施

(株)旅エール
〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町1-5-33-4F
TEL.022-796-6770 FAX.022-774-2120
宮城県知事登録旅行業第2-357号

この旅行条件は2020年10月1日を基準としております。