『あけましておめでとうございます』 

旧年中はご愛顧賜り、誠にありがとうございます

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新しい年が健康と笑顔に溢れる一年となりますように、お祈り致します。

Withコロナの時代は続いていますが、

変化のとき、いまあるカタチをもっと良くするための時ととらえて、

いい旅、いい機会、喜ばれる関係性、ストーリー

そしていまも、

これまでも大切な心と体の健康に寄り添えるような、

「旅エール」になりえるように進化させてまいります。

寅・とらえなおすとき

2022年 1月 4日 どうぞ本年もよろしくお願いいたします

旅エール🍙おむすびツアー 酒井陽介&中島篤子

~~~
さて、どのようなお正月を過ごされていましたでしょうか

「一年の計は元旦にあり」ということで、酒井はこのように過ごしておりました。元旦の朝8時頃、愛宕神社にて御祈祷・招福開運&必勝祈願(このコロナの時代にまけない)に詣りました。そのあとはお正月らしくお雑煮やお餅を
いただいて、一年の初頭に新聞やら本をたくさん読み込んでおりました。

㊙︎酒井メモを共有させてください

「足を運ぶのは、ただ笑いたい、泣きたいのではなく

~考えたい~からなんです。」ジョン・ケアード(演出家)

「たくさんの人が同時になにかを考えながら体感する。その行為が劇場全体を

一体化させるのです」「演出家の仕事とは物語を伝えるために観客を巻き込んで共謀関係をつくること」鈴木敏夫(ジブリ)

「苦しい時ネガティブにならず恐怖心を抱かずに強い心で
 前にすすめるかが大きな鍵」長友佑都(FC東京⚽️

「年の瀬にこれができたな!と一つでも言うことができれば。そのために高座にあがってお客さんの前で話し、積み重ねていく。それしかできないから。」

林家正蔵

今年も、たくさんいい言の葉から刺激をうけて、みなさんとの感動にむすびつけていきたいと思っております

『みやぎ宿泊割』 始まりました!    
まずは要約  !
【宮城県内在住者】が対象です。
10月15日宿泊から、12月31日チェックアウトまでの期間
 例)宿泊代金 13,000円
 「泊まって応援!宿泊割引&クーポン付きプラン」での
   割引補助5,000円
   販売価格  8,000円(クーポン券2,000円分付き)
 旅エールを通じて 宮城県内に宿泊をしていただくと
(最大)1泊 5,000円の割引と2,000円のみやぎクーポンで
    実質 7,000円分もお得に宿泊できます!!

さまざまな情報があり、少しわかりづらい部分があるかと思います。
酒井が、徹底シンプル解説&おすすめの使い方を伝授いたします。
ここからさらに詳しくお伝えします。
【利用できる期間】
  10月15日 販売開始 ~12月31日 チェックアウトまで
 ・コロナで落ちこんだ観光宿泊需要の早期回復が目的
 ・宮城県内の宿泊商品を割り引いて販売
 ・この宮城県の事業に登録した
  宮城県の旅行会社(72社)を通じて、宮城県の宿泊施設に
  宮城県内在住者が期間内に宿泊することが対象となります。
  (県外の方が一緒に宿泊する場合その方は割引対象外)
【どれだけお得になるのか?】
 ①1宿泊(プラン、ツアー) おひとり1泊の宿泊代金の
  50% 又は 5,000円のいずれか低い金額 を補助してもらえる
  例)
  宿泊代 12,000円の50%は、6,000円ですが、5,000円の割引
  *連泊の場合、1プラン(ツアー)おひとり当たり10,000円が上限
  *旅行商品(個人手配、ツアーなど)の内容は問いません
 ②宮城県内の土産物店等で使用可能な「みやぎクーポン券」がつく
  宿泊割引 5,000円の場合   2,000円分のクーポン
       5,000円未満の場合 1,000円分のクーポン

  *使用期間 チェックイン当日から、チェックアウト当日の24時まで

 ③その他
  *コロナの状況では中止になることもあり
  *宮城県内市町村 各支援策がありますが
   「みやぎ宿泊割」が一番いい割引率 実質¥7,000円もお得
  *子供料金、幼児料金も割引の対象
  *キャンセル料金は元値で算出
一番いい割引率と言いましたが、ひとつだけこの「みやぎ割」よりも
いい割引をしてくれる(仙台トク旅)というものがあります。
こちらとの比較もシェアさせていただきますね。
「仙台トク旅」は旅行会社経由ではなく、
(旅エールも他の旅行会社でも取扱不可)
公式HPにてネット検索のうえ、直接対象の仙台市内宿泊施設に
電話予約することが条件のようです。
(県内在住者、仙台市内宿泊施設限定)
宿泊商品最大1万円の割引。対象期間は1/31までです。
おすすめの使い分け、
まず、12月31日まで仙台市外の宿泊施設を「みやぎ割」で楽しむ。
そして、1/31までの間に仙台市内宿泊施設を「仙台トク旅」で楽しむ。
を旅エールはおすすめします。
*賛否あるかもしれません。
ひとつの参考としてご自身にてご判断ください♪
【おすすめの利用方法】
◎ご都合のいいお日にちと、気になる県内の宿泊施設を
 選んで旅エールにできるだけ早くご連絡ください。
【重要】早ければ早いほど、施設、日付けともに選択肢の幅が広がります!
◎家族や職場(環境)のことをおもって、ツアーには参加しずらかったあなた、
 個人温泉旅行であればいかがでしょうか♪
 ご家族やお友達を誘って、日程や施設の、相談の連絡をください。
◎県内一斉申込み開始から、予約の混雑が予想されます
 ぜひお早めにご計画をお願いします。
◎7,000円もお得なんて、嬉しい!ぜひこの機会に活用したい♨️
 でも、マイカー等がないわという貴方は、おむすびツアー「みやぎ割」
 対象ツアー 陸前高田気仙沼大島、追分温泉、東鳴子温泉 にお申し込みください♪
*LINEでのやりとりを推奨します(巻末の登録方法をご確認ください)
 (この日がだめならこの日とか、この旅館に変更とか、サクサクできます)

《ライン登録方法》

【みやぎ割を活用して、旅エールおすすめのお宿】
◎東鳴子温泉 旅館大沼  *特製健康ドリンク付き
(仙台駅から東鳴子までの直通バス有り)
 平日参考価格 ¥13,200(2名1室)
    ↓
 みやぎ割適用 ¥ 8,200 *2,000円クーポン付き
   旅館大沼さん、すでに以下の日程は満室となっております
  (11月1.3.4.6.7.13.17.18.19.20.22.24.26.27.)
◎鎌先温泉 湯主一條
 (白石駅から送迎あり)
 平日参考価格 ¥23,100(2名1室)
    ↓
 みやぎ割適用 ¥18,100 *2,000円クーポン付き
◎遠刈田温泉 旅館源兵衛
 (仙台駅から遠刈田までの直通バス有り)
 平日参考価格 ¥13,200(2名1室)
    ↓
 みやぎ割適用 ¥ 8,200 *2,000円クーポン付き
◎あなたが宿泊してみたいと思っていた「県内の宿泊施設」
 例:南三陸ホテル観洋、鳴子ホテル、茶寮宗園、佐勘などなど
   (ご指定いただけます) 
ㅤㅤ
【 チャンス! お見逃しなく 】
 ご自身を癒して♨️満たして、宮城の宿泊施設を応援しましょう!
 ぜひ旅エールを通じてご利用いただけますようお願い申し上げます。
 当初、この事業は7月スタート12月31日までの期間の予定でした
 しかし、8月から9月まで続いた緊急事態宣言及び、蔓延防止措置等
 の影響により、いままで延期されてきました。
 ここにきてやっと、
 10月15日からみやぎ割キャンペーン適用開始
 となりました。
 ㅤ
 当初は5ヶ月間でしたが、実施2ヶ月間となります。
 この時期をお見逃しなく、利用して応援されて、
 温泉施設等でご自身を元気にしちゃってください♪
 もし、
「個人型であれば色々きにすることなく、旅(宿泊)を楽しめるわね」
  とか、
「私が楽しむことで、宮城の観光(宿泊、旅行会社等)を応援すること
 ができるのね」や、
「私はいけないけど、家族や友達に話してだけみるか」など
このようなニーズをお持ちでありましたら、
この機会を  ぜひぜひお見逃しなくご利用くださいませ。
*ご不明な点わかりずらいことなど、ございましたら
お気軽に
ㅤ旅エール公式LINE(@tabiyell) または、ご一報ください。090-2022-5158
 旅エールを通じて みやぎ宿泊割キャンペーンを
 LINEにてお申込みの方、特典付きとなります。

こんにちは!
旅エール 酒井陽介です
いつもご愛顧いただきまして、
誠にありがとうございます。
「みやぎ割」の緊急発表にあわせまして
 ㅤㅤ
会員のみなさんに定期的に送付しています
ダイレクトメール「おむすび通信」🍙を
発行(送付)させていただきました。
今回は、緊急発行のため
ご挨拶分はこのホームページに掲載させていただきます。
ㅤㅤ
*おむすび通信は、
2年以内にご利用いただいている方を対象に郵送しています
「ひさしぶりに読んでみたいわ!」という方は
こちらからご希望の旨、お気軽におしらせください♪

おむすび通信 送って欲しい

→   お問い合わせフォーム  https://tabi-yell.com/inquiry

 ㅤ
=====
 ㅤ
地元宮城県に
8月から9月まで続いた
緊急事態宣言及び、蔓延防止措置等が
 ㅤ
10月から解除となります
 まずは、ひと安心です。
 ㅤ
徐々に街中の活気も、
もどってきそうな気配を感じておりますが
 ㅤ
まだまだ、
コロナ禍に入る前までの状況になるには
みなさん様子をみられているように感じます。
 ㅤ
そんな中、今日10月15日から
「みやぎ宿泊割キャンペーン」というものが始まります。
それにしても長かった(長い)ですね
おもってもみなかったこのような状態。
 ㅤ
 ㅤ
会員の方の、声のなかに
その前のようにツアーに参加することができなくて、
「この2年間、(時間の)損しちゃった。」
 ㅤ
というようなお声なども、聞かせていただいてます。
 ㅤ
もしかりに、
少しでも予測できていたら、どうしていたでしょうか
 ㅤ
 ㅤ
いけなくなる時期が来るから、せっせと
いまのうちに、ツアーにいったり、
美味しい物食べにいったりしてくださーい!
 ㅤ
とか、煽るようにしていたかな、、
 ㅤ
 ㅤ
それはないですね。
 ㅤ
 ㅤ
予測ができていたとしたら、
もっと「健康」や「免疫」について学ぶような機会を
提供することをしていたかもしれません。
 ㅤ
まだまだわからないこれからの未来。
 ㅤ
心配しすぎても、面白くありませんし、
 ㅤ
時代に対応しないのも、魅力を感じない気がします。
 ㅤ
 ㅤ
いま旅行会社の、旅エールにできること
 ㅤ
時代の風を感じながら
「旅行業」の役割、「旅エール」の役割を
 変化させながら、日々歩んでいくことだと感じています。
 ㅤ
 ㅤ
先日、以前にくらべてなかなか募集しづらい

このご時世でもありながら、出発を確定させることのできた

さらに良い状態にするために、
このツアーの磨き上げをしていました。
(現地ガイドとの現状に応じた打ち合わせ、
 食事場所の吟味、見学体験の条件交渉など。)
 ㅤ
このようなことをしていますと
 ㅤ
あ!
「これはまた素晴らしいツアーになる!」と出発する前から
手応えのようなものを感じます。
 ㅤ
そして同時に、積み重ねの大切さもあらためて実感しました。
 ㅤ
〜〜〜
 ㅤ
2013年 100年に1度のㅤ
伊勢と出雲の
 同時遷宮で、出雲にも興味をもち、深く学ぶ。
 ㅤ
その後、学びを深めて出雲ツアーをくりかえす
 現地ガイド 藤原(ふじはら)さんとの出会い、
地元氏神 旅立神社からのご紹介で正式参拝を経験。
 ㅤ
そして
星さん、まきこさん、後藤さん、三浦さん をはじめ
たくさんの会員のみなさまに参加していただけたこと。
 ㅤ
 ㅤ
重ねるうちによくなっていく。
 ㅤ
 人が集ってくれたからこそです。
 ㅤ
  ご一緒する時間があったからです。
カタチとしてはのこりませんが、
 ㅤ
経験や思い出といて残ります。
 ㅤ
いそがしさの中にあっても、
注意して、こういう有り難さを持ち続けたい。
 ㅤ
どうして 旅エールのツアーがよくなっていけるのか
 ㅤ
旅が成長するのか
 ㅤ
参加していただける方、現地で繋がる方
 ㅤ
 みなさまおひとりおひとりのおかげさまなのです。
 ㅤ
 ㅤ
〜〜〜
 ㅤ
少し、盛況な状態から
そういう大切な繰り返しの経験を
 ㅤ
なかなか、させてもらいずらい状況がつづいておりますが、
 ㅤ
 ㅤ
 ㅤ
こういうことを大切に想い、
これからの未来の時間にむかって、
こうして繋がるみなさんと、
 さまざなまカタチの旅を通じて
 良い時間を共有させていただきたいと思っております。
 ㅤ
 ㅤ
ぜひ、この48号を手にとっていただき
いまのあなたにふさわしい「旅」を選んでいただきたいと
思っております。
引き続き、ご贔屓に! よろしくお願い申し上げます。
 ㅤ
「旅を通しホッとできる関係を結びます」

旅エール 酒井陽介

こんばんは

中島篤子です

日に日に秋を感じますね🌾

 

今日は

加美町の
新しいランドマークとして今月オープンする

工芸 藍學舎(らんがくしゃ)の内覧会に参加して来ました。

(なんと! 中島自宅のお隣に移転リニューアルオープンなんです)

早速、みてください。

この中の様子!

(先ほど撮ってきたばかりの写真です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もの凄いものが出来ました✨

92年前のお醤油屋さんだった蔵をリノベーション✨

本当に田舎の教会の雰囲気です。
まだ、途中なのでステンドグラスは
入ってませんでしたが 徐々に仕上がっていくのだそうです。

 

屋根のスレートは雄勝産、 100年前のもの。
仙台一高の屋根から、
東北大学の屋根として使われたあと

研究のために保存されていたものを
今回のリノベーションに使ったとのこと。
東京駅のスレートと同世代だそうです。

わたしの自宅のとなりに「アート」が引っ越してきた♪

まさに芸術の秋ですね〜🍁

良い週末をお過ごしくださいませ。

旅エール おむすびツアー

身近なアート担当 中島篤子

 

追伸:(10/9)

おもいがけず
たくさんの反響を
いただきました〜♪


ありがとうございます✨

そしてそして、

「いってみたい♪」
というお声もたくさん
いただきましたので

なんとー!♪

さっそくツアーを
つくっちゃいましたーー!

えへっ☺️

やくらいガーデン「星あかり」&今野醸造みそ作り体験教室工藝ギャラリー「藍學舎」と、天上夢幻 蔵元中勇酒造店アツコにおまかせ!加美町自慢♡手前味噌ツアー

【おむすびとおふくろ】
 
5日後の
 
母の日にちなみまして🍙
 
 
こんにちは。(こんばんは🌙

 

旅エール 酒井陽介です。

 
先日は、旅エールNo1添乗員

中島篤子からのLINEラブレターをお送りしましたところ、

たくさんの方々より


暖かい励ましのお言葉をいただきました。
 
このような方々と繋がっていることが

ぼくたちにとって、どれだけチカラになって
いるか、

胸の内をおみせしたいくらいです。

 
本当に、有難うございます。
 
今日は 母の日にちなんで 個人ブログの中から
 
おむすびツアーの原点、さかいおむすび屋店主との
 
かけあいをご紹介させていただきます。
 
ほんの茶飲みばなし程度に。。
 
*4月13日に書いたものです。
 
(4月17日に緊急事態宣言が全国拡大する前の心境)
 

ぼくも、「旅」の注文ないんだけっと、、、

 

 
( なんだかあらっぽい、出だしで恐縮ですw )

 

 

こんなとき、おふくろさんが営む、
 
実家のおむすび屋さんも、注文が減ってるだろうな〜
 
大丈夫かな〜 って、 お店(実家)に 励ましに行ったら、

 

 

「 何言ってんの! 」
 
「 だいじょぶだぁ〜 」って
 
余裕もって言うから、
 
 なんでぇ? って聞き返すと
 
あんときは「おこめ」こんなに食べられなかったから、、
 
大根の刻んだ(モ)の とかいれて、
 
米が足りないから、そういうのを入れて炊いたんだ。。

 

 

腹減ってんだけど、
 
 余りにもうまぐなくて、、 たべれねかった〜 って。

 

 

いまは、
 
食べモノ たくさんあるでしょょ。
 
だがら、 栄養と睡眠とれば、だいじょうぶ!
 
しみじみ言うんです。

 

 

そうか〜 。。。 こういうときに、感じますわ。
 
ぼくらの経験則で、
 
「おむすび」にぎっているわけでない
 
おむすび屋の、心意気。(40年の商い🍙

 

 

「お米」が、どれだけ貴重で、
 
白米だけの状態が どれだけ有難いのか って、

 

 

生きる希望だった「食」
 
終戦直後の幼いころの記憶。
 
食べれるってことの有り難み。
 
「おむすび」の ありがたさ。

 

 

わかっている人の、それに寄り添うシゴトってものが
 
どんだけの、ものなのかってこと。
 
近くにいたはずなのに、
 
いままで、それを感じ取れていませんでした。

 

 

また、一方で、
 
おふくろさんの貧しい経験は、 終戦(戦争)とつながっていて、
 
(終戦とか、戦争と記すと、それだけでなんだか引いてしまわれそうですが)

 

 

その戦争は、
 
自分たちが暮らす日本の歴史、いまと繋がっている。
 
そして、
 
この状況、現代をいきる 
 
僕たちは、これまた、すごい狭間にいると思います。
 
 
 
大戦の影響をもろにうけて、
 
東日本大震災をこの地で経験して、
 
そして、
 
この(武漢)コロナウイルスを経験しています。

 

 

まちますか。 
 
まちませんか。
 
言われなくても、できる 
 
自分のロックダウン の在り方を。

「元気があれば、なんでもできる」 

 小学生時代のヒーローの言葉です。

 (アントニオ猪木)

 

 

 

 
いま、ほんと、

その通りだなって、おもってます。



元気を保つのを最優先するか。 
 
それ以外を 優先するか。
 
誰かに 決めてもらうまで


まちますか。

 

まちませんか。


「 おむすび、ひとついかがですか。 」

 

旅エールおむすびツアー 

酒井 陽介

 

 


こんな感じで旅行会社に身を置いて、

感じたことや、旅と健康にまつわる情報を発信をしています。

なかなか面白い、気が合うかもしれない

という方は

 ぜひ、LINE公式アカウント につながってください。

 

いまなら!

 

5月13日(水)19時までの期間限定で登録していただくと

5月17日から、販売・配信を始めます

 

オンラインバーチャルツアー、 

及びオンラインおもしろ白熱教室 に使える

¥300円割引クーポン券を進呈します。

 

 

 

【登録方法】 

 

*フィーチャーフォン対応不可

上記のQRコードをスマホで読み込んでいただくか

 

 ID @tabiyell  から友だち追加し、

 

 

こんにちは!でも、はじめまして!

なんでもOKです。

コメントを送っていただいて「友だち」登録完了となります。

*友だち追加まででは、「友だち」完了しません。

 


コメントを必ずお送りください


1、LINE起動 画面右下の 
⚪︎⚪︎⚪︎ をタップ
2、左上 「友だち追加+」をタップ
3、QRコード 又は ID検索で登録
4、トーク(コメント送信)して、登録完了です◎

 

どうぞこの機会に!!

「旅エール」の情報をお楽しみいただける

「LINE公式アカウント(旧LINE@)」

友だち登録をご活用ください。


ちなみに バーチャルツアーの候補地をご紹介しておきます。

 

・とっておきの京都 
(京都癒しの旅 下戸眞由美さんご案内、とても仲良しです)

 

・もしかして、アラスカ(予定)

 

・歌舞伎の魅力 よっ!成田屋!! 現役 大向う直伝 ご見物の極意

 

・けっきょく南極大冒険 (濱中まきさん)180日の旅路

 

*ここまでのラインナップは ¥1,000〜¥2,000の予定

 

・休校延長決定の子供たちへ! 旅エールがお届けする

少年少女よ
大志を抱け
Boys & Girls be ambitious

Google earthをつかってオンライン修学旅行へいこう!

「ぼくの20年の旅の感動を、いま君にそっと伝えたい」

バーチャルツアー添乗員:
旅エールおむすびツアー🍙 酒井陽介

(お父さんとお母さんも一緒にいけるよ〜)

 

販売予定価格¥300円

= 今回の登録特典で実質無料で参加できます!!


はい!

それでは 早速LINE登録お願いしまーす

そして、必ずコメント送ってくださいね。

 

いつか バーチャルでリアルで

お目にかかれる日を楽しみにしてます🍙


旅エールおむすびツアー 酒井陽介

 

 

地球暦が雑節のひとつ「八十八夜」をお知らせします。

引用元:太陽暦時空間地図 地球暦 HELIO COMPAS2020

大地の脈動を肌で感じる春の土用。生い茂る植物の呼吸によって野山には草いきれが漂い、新緑の光合成でフレッシュな酸素が満ち、みずみずしい生命力が「張る」春の季節の総仕上げです。
雑節のひとつ「八十八夜」は、立春から数えて88日目。春の終わりのこのころは、遅霜や寒の戻りなど、春から夏へ変わっていく土用の働きが際立つときです。

『茶摘み』の歌詞にも〈夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る〉とあるとおり、この時期はお茶の収穫の目安。北半球は新緑に覆われ。春の最後と夏のはじまりの交差点で入り交じる気が、夏を予感させています。


(*とてもユニーク地図です。是非ご興味のある方はお求めください。)
引用元:太陽暦時空間地図 地球暦 HELIO COMPAS2020

***

 

【 2月4日(立春)から数えて、88日目 】

いつもご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

木々の若葉がきらきら輝く、いい季節を迎えました。

わたしたちは


春から、夏の入り口
にいます。

 

(自宅から会社に向かう、小径)


新型コロナウィルスの猛威が
日本中、世界中を一変させ、


お会いすることができない状況になってしまいました。

最後のツアーが 2月11日。

あれから2ヶ月と20日、

 
連日、感染者の報道がが続いています。

県内の感染はもちろん、全国各地の感染拡大には
ご自身、ご家族はもとより親戚、友人の方々への
心配が尽きない日々をお過ごしのことと思います
 
 一日も早い終息を願うばかりです。


さて、
 
この期間、私たち旅エールは、 
 
うつむくことなく、元気に活動しておりました。
9月以降の

秋のシーズンに目線をうつし、日々企画に取り組み、

 

ホテルやレストランの予約を進め、
 
 この状況が好転することを祈りながら、準備を進めています。

 
想定していた以上に長期化している為、
 
予約したホテルも、レストランも、 
 
延期の連絡を何度も繰り返し行っています 汗

 

(最初はこのゴールデンウィークまえにお手紙とチラシをいつものように
 
 お送りして、夏のツアーからあらためて募集再開と、思ってました。)
 
それでも、
 
「このツアー内容はどうかな〜(行きたい!っ思ってもらえるか)」
 
 喜んでいただく「笑顔」をイメージしながら日々を過ごしています。
 
 
 (イメージすること。一番大事)
 
 
私たちには 幸いにもこれまでの繋がりがありますので、
 

こんな状況でも

心を上向きにして取り組むことが出来ています。

 
おかげさまで次の6月で、旅エールは7回目の決算を迎えることができます。
このような情勢が、3期目、4期目でなかったことは不幸中の幸いです。
(もし、そのころだったら、、、ちょっと自信ありません)
 
 
そして、この期間の間にお寄せいただいた
励ましの言葉の数々に、
私たちは幾度も泣きそうになりました。
うつむくことなく、前だけを見て進んでいます。
 ですので、ご安心ください。


大変ご心配をお掛けしておりますが、

旅エール 酒井・中島は元気です。



この状況が落ち着きましたら、

 

「選びきれないよ〜」とおこられるくらい 笑

楽しくて魅力に溢れるツアーをご提案します。


秋からのツアー再開をめざして。動くことを止めません。

楽しいことを考えたり、ワクワク
したり、

人に想いを馳せることも、免疫力アップになるそうです。

お手元にパンフレットが届きましたら、

ぜひ、紙面を広げて 

まずは、空想の旅に出ましょう♪
(今のところ5月20日以降を予定しております)


朝のおむすび、バスでのコーヒータイム、澄みきった青空、車窓からの風景、
美味しいランチ、祭り囃子や、迎えてくれる人々との出合い

そして、

おむすびツアー参加者同士の再開

もちろん 添乗員は酒井、中島

 

もう!再開したら 二人で添乗しちゃおうかしら?

 

(中島)

社長〜! いいですよね〜? 二人でいっても、、



(酒井)
もちろんださ〜 
ボク、お茶係と点呼だけしますので、あとは篤子さんお願いね 笑




そんな日に…

そんな平穏な日々に

一日も早く戻ることを、
心から毎日祈っております。


コロナ終息後は、

あのツアーにも、このツアーにも

 

 もぉ〜!  全部 お誘いしちゃいます!

覚悟して…
いえいえ、 楽しみにお待ち下さいませ♪

その日が来ます。

どうかその日まで

 

 健康を大切にお過ごしください。

私たちも、元気を保ちます。

 また、笑顔で元気に再会出来ます日を心から楽しみにしております。

 旅エールおむすびツアー
    酒井陽介 中島篤子

また旅先で、

笑いながらおむすびを一緒に食べたいです

 

 

 

 

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

現在、武漢コロナウイルスの影響で「おむすびツアー」はお休み中です。

1日も早い終息のめどが立つことを心からお祈りしております。

***

お休み期間:令和2年2月28日(金)〜6月30日(火)

※会社は 夏から秋以降の企画をしたり、新しいことを考えたり、
営業しております

 御用の方は 090-2022-5158(酒井)までご連絡をお願いいたします。

***

 

 

 

初参加キャンペーン

「令和からのリスタート」

 

 いよいよ新しい時代「令和」に突入しました。僕も昭和生まれ、昭和は12年、平成を30年という時間を生きてきました。みっつめの元号(時代)に、落ち着いた気持ちでわくわくしています。
桜から新緑に移り変わる時期に改元するという素晴らしいタイミング。そして、初の10連休という時間は色々な意味でこれまでとこれからを整理する時間にすることができました。皆様もそれぞれに有意義なお時間を過ごされたことと思います。


新元号「令和」は万葉集5巻に収録される「梅花の歌」から採用されたそうです。

初春の令月にして、

気淑(よ)く風和ぎ、

梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、

蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す。

(万葉集入門引用)

 

初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている。

この「歌」から連想するイメージ。そして口にしたことがそのまま現れるという「大和言葉」「言霊」のチカラにあやかって、
この新しい時代を大切にいきぬいていきたいものです。

旅エールも平成25年からスタートし、2年目から始めさせていただいた自社企画「おむすびツアー」も延べ200ツアー以上、述べ4000名を超える皆々様にご利用いただくことができました。

一番最初は なんと、まず! 汗 

このような ¥1,000 モニターツアーから始めたのでした。


 

*このモニターツアーには120名を超えるお申込をいただいて、
 41名にて催行。今でもご利用頂いているのは、5名のお客様です。

 5年前の9月モニターツアーからスタートさせていただきました。他府県で活躍されている諸先輩方に様々なアドバイスを頂戴しながら「新参ツアー会社がツアーキャンセルしては、信用されない!」という厳しいお言葉をなんとか飲み込みんで、8名様でも、9名様でも出発を重ねてまいりました。

そのような中で、これまでに大切にしてきたことは
「ツアー中の雰囲気づくり」
「せっかくの旅先で口にしていただくお食事」
「下見を大切にしたスケジュール&特別枠づくり」
です。

なぜ、その三つを大切にしてきたのか?


【ツアー中の雰囲気づくり】:
実は、旅は半分以上が移動時間。その居心地が良ければ移動時間は苦になりません。そして、いい雰囲気の中で旅の感動を一緒に参加していただいた方同士が「共感」することで、満足度があがると考えているからです。一人よりもみんなで感動すると更に楽しい。

【せっかくの旅先で口にしていただくお食事】:
これまで団体ツアーは、受け入れ先都合が優先された食事スタイルが主流でした。「団体だから仕方ないのか」どうしても妥協したくない。地元の方々が好み親しむようなお店を探し、スケジュールや男女比、年代などを事前打ち合わせすることで、受け入れ先の都合とこちらの希望が調整可能になります。「地元の味」を堪能することが旅の醍醐味。これからも「食」こだわっていきます。
作り手の顔が見える、選べる楽しさ、適量であることを忘れずに。

【下見を大切にしたスケジュール&特別枠づくり】
実際に訪れて、その場所に立ってみて、風を感じる。

リピーターの皆様の顔を思い浮かべながら、「動線に無理はないか負担にならないか、順序(ストーリー)はこれでいいか、特別な設えをどうしたらつくれるか」など、思いをめぐらせて、スケジュールを組み立てています。旅という「コト」に皆様がなにを求めていらっしゃるか、そこを大切にしたいと考えているからです。

 このようなことを軸にツアーを続けてまいりました。

そして、それに共感していただけるリピーターのお客様がこんなにも多くお集まりいただけたことは、とても有難いことと、
今、まさに実感しております。出会いに、本当に恵まれました。

 ツアー参加後、アンケートや口頭でいただく有難いお言葉や、
アドバイスに支えられてきました。ひとつの旅ごとに、積み重ねてこれたからこそ、
いまがあります。

前回お送りしました【おむすびツアー34号】も、おかげさまで多数のお申し込みをいただき「フェリー北海道」を除く、すべてのツアーを 出発 又は 確定 させることができました。

 それにより、掲載コース全てを「出発保証」にできた、これまでにないスタイルで「おむすびツアー35号」を発行することができました。このチラシを、

5月11日(土) 河北朝刊 10万部折込します。


「初参加キャンペーン」

と題しまして、旅エールおむすびツアー新規参加者を募集させていただきます。いまご利用いただいているリピーターの方々のようにおむすびツアーをまっている方々を求めて。

(仙台エリア、名取エリア、多賀城エリア)

初参加の方限定 5月20日(月)までの

お申し込みで


日帰りツアー 1,000円 引き

宿 泊ツアー 2,000円 引き

初めて参加ということで「はつ割」という呼び方にしました。

5月11日(土)から20日(月)まで10日間のキャンペーンです。

リピーターの方々より、お安い金額で提供させていただき、誠に申し訳ございません。しかし、「おむすびツアー愛用者」が増えていただくことで、催行人数不足でのツアーキャンセルが少なくなり、
より安定したツアーのご提供が可能になることを目指します。そのきっかけをつくるための試みです。どうかご理解くださいませ。

ちょっとまった! でも、やはり!



おむすびツアーを支えてくださっているリピーターの皆様にも

特典があるべきです。


以下の条件にて、同じく5月20日までのお申込みで割引させていただきます。
*ツアー番号が黄色の 新発表コースに限ります。

ホワイトカードの方:初参加の方をお誘いいただくと

          ご自身も「はつ割対象」とさせて頂きます。

ブロンズカードの方:ご自身だけでも、どうぞ!「はつ割」ご利用下さい

シルバーカードの方:「はつ割」に加えて、さらに¥300引き

ゴールドカードの方:「はつ割」に加えて、さらに¥600引き


プラチナ
カードの方:「はつ割」に加えて、さらに¥900引き


やっぱり、旅エールのいまがありますのは、すでに顔のみえる
「おむすびツアー愛用者」の皆様のおかげでございます。
ぜひまた、この機会にご利用いただけたら幸いです。このご案内が到着した時点から、5月20日までお申込み可能です。

*「はつ割」適用はお一人様1コースまで。

バスツアー乗降場所につきまして

今回、折込させていただきます「おむすびツアー35号」につきましては、仙台駅・長町駅の二箇所のみとさせて頂いております。

 現状この2箇所で8割以上の方々にご利用いただいております。
若林区にある会社として、地元をくまなく巡り、乗降していただけることを念頭に設定したルート。地下鉄東西線なども出来まして、時間の流れとともに、変わる環境と参加者の皆様のニーズ「最大公約数」を調整させていただきながら、皆様方にとって最適なルートになるように模索していきたいと考えております。
したがいまして、今回まずは利用頻度の一番高い「仙台駅東口・長町駅」のみに絞って掲載させていただきました。
但し、既存のルート(河原町、木下、若林文化センター、蒲町バス停、七郷市民センター、東高入り口バス停、沖野小バス停、若林三丁目バス停)をご希望する方がいらっしゃいましたら、リピーターの方のご紹介に限り、お受けいたします。
なにぶん流動的ではございますが、ご理解とご協力をいただけますようお願い申し上げます。


 LINE、メール、FAX、お電話にて、ご連絡おまちしてます。
電話022-796-6770 FAX022-774-2120

 

 

おむすびツアー35号チラシ

資料請求は、右上の緑のボックスから請求してください。

 いけるときにいく

それは「いま」なのです

 

先日の沖縄本島4日間ツアーでのこと。バス車内にて、バスガイドさんの愉しいお話を聞きながらの移動中。参加者同士の、なにげない会話の声が聞こえてきました「歩けるうちに、いけるとこ行かないとね~♪」何度か聞き覚えのあるフレーズ。平成から、新しい元号(時代)に変わるタイミングということもあり、自分自身も「時間」に対する価値が変化しているのか、いつもより芯を捉えて心の中に入ってきました。

 那覇空港から最初に向かった首里城。くもりの予報だったのにも関わらず、青い空と気持ちのよい南風に迎えられ、予定よりもついつい長居をしてしまい、予定を過ぎて出発。そのためホテルチェックインを後回しにして、直接夕食会場へ行くことにしました。が、しかし、これまた東シナ海に沈む夕暮れが、僕を誘惑してくるのです。やっぱり先にチェックイン!一度、お部屋に入り、海の見えるお部屋からこの景色を楽しんでいただく。夜のホテル到着では、
感動をひとつ減らしてしまいます。

 最終日、ベテランガイドさんが少し寂しそうに、「最近ここを訪れる人が減っている。そして、その県の方々が来たときにしか、お花があがらない…。」「それはまずい時間をつくって、いきましょう!」先の大戦において海外で戦没した宮城県出身の勇士45,500余柱の霊をお祀りする「宮城之塔」を行程に加えて、皆さんでお花を添えて、手をあわせて参りました。

 このように、お客様と現地の全てとの「意思疎通」をはかり、現場での微調整を大切にしています。もしまた、訪れるとしたらいつになるのでしょうか。そして、留守をまかせる方への配慮やお願い、労力と経費がかかります。だからこそ、「時間」が持つ価値をしっかりと捉えています。

 選んでいただける準備を怠らず、参加いただける皆様の「いま」を大切に取り扱わせていただくことが、私たちのお役目です。

                         社長 酒井陽介

 


おむすびツアー34号チラシ

資料請求は、右上の緑のボックスから請求してください。

 

             *先日訪れたに新潟県長岡市 長岡市 河井継之助記念館にて

【ごあいさつ・今年を振り返って】

 いつもご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

 今年も残すところ僅かとなり、十二月二十二日に冬至を迎えました。冬至は一年の間で最も昼が短く、夜が長い日です。この日を境に昼が長くなっていくことから、古代においては一年の始まりともされたようです。また、冬至の翌日は天皇陛下の誕生日です。

 大河ドラマ「せごどん」を毎週興味深く観させていただき、近世の日本の出来事をあらためて学び直す機会にさせていただくことができました。このドラマで数多く出てきましたキーワード「天子様」「朝敵」「賊軍」「官軍」それぞれの言葉の持つ意味。そしてその言葉に翻弄され、生き抜いてきた人々に思いを馳せながら、二十三日の皇居に馳せ参じたいと思っております。(追伸:最終回、家族4人でみておりました。ここだけのはなし。涙をこらえるのに精一杯で、大変でした。汗。。早起きし、もう一度みて男泣きです。)

皆様方におかれましては、どんな一年をお過ごしになりましたでしょうか。なにかと慌ただしい師走ではございますが、ホッと一息つけるお時間を大切にしていただきながら、「ゆく年くる年」をお互いに噛み締めたいものです。 

さて、今年の僕の感動ベスト3をご紹介したいと思います。

第3位
「三十度を超える真夏日に、
   家族4人でこんぴらさん奥の院登頂成功!千三百六十八段」

日頃、妻、5年生の娘、2年生の息子たちは職業柄、僕が仕事をしているのか、旅をしまくっているのか、わからなくなる時があるようです(汗)。年に一度くらいは家族の添乗員をしよう!ということで今年の8月に四国へいって参りました。猛暑の夏でした。汗
「あついあつい!いつつくの?」ああでもない、こうでもない、4人でぶつくさ言いながら、ながーい階段をやっとの思いで、登りきった時の、満足げな表情が印象的でした。隣で一段一段のぼる
妻の横顔をみたときに、「いつもありがとね」という感情が沸き起こってきましたが、口にすることはできませんでした。まだまだ未熟者です(笑)。金毘羅参宮の後、初めての徳島「阿波踊り」を鑑賞してきました。来年、ツアーにさせていただく予定です。

 第2位「おかげさまで5周年」

旅エールの実質的なスタートは平成二十五年十一月でした。当初、一年間は、自社ツアー「旅エールおむすびツアー」の存在はなく、手配(依頼)旅行のみの営業でした。二年目から、自社製品の必要性を強く感じ、スタートさせていただき、現在に至ります。チラシをどう作っていいかもわからず、なにもかもが手探りの状態。最初は大きなバスに7、8名様でのツアー。もちろん採算度外視(涙)本当に、未熟者の無謀な挑戦だったと振り返ります。四年の間で、たくさんのお客様と出会うことができました。モノではなくコトを取り扱わせていただく、僕たちにとって、お客様との繋がりこそがなんといっても一番の財産でございます。未熟なツアーであるにも関わらず、ご参加いただき、そして率直にご意見いただけたことに、深く深く感謝申し上げます。

ここからが、会社を立ち上げた意義、真価を発揮する本当の
スタートということを実感しております。 有難うございます。

 第1位「巡礼ツアーを続けて、般若心経の有難さに気づく」

 今年は庄内三十三観音ご開帳の年でした。4日間、皆様とご一緒させていただく前に、山形の先輩旅行社ツアーに下見をかねて参加しました。なにげなく、般若心経をお唱えして各お堂を巡り、終わりにさしかかったとき、「あれ!?これはいったいなにを意味しているんだろうか」と掻き立てられるように、気になりだし、結願の大日坊で一冊の本に出会いました。 「にわぜんきゅうの般若心経」絵本です。とてもわかりやすく、「般若心経」の解説が書いてありました。ご紹介いたします。

私達が「オギャー」と生まれ、生きていられるのは、わずか八十年。永遠という時の流れから見れば、ほんの一瞬。その大切な人生を、いつも何かとくらべ、自分だけの色メガネで世の中を見ては、イライラして暮らしてる。これでは、せっかくの人生がもったいない。この世の中には「絶対」なんてものは、一つもないのだから、生きることに感謝して、自由で喜びのある人生に変えてください。こだわりの心を捨て、楽しい心にしてください。あなたも、「いつかこのわだかまりが、消えたらいいなあ。心のつっかい棒がとれたらなあ」と思いながら暮らしていませんか?何の不安もない、人をあるがままに見ることができる、誤った考え方もしない、そんな境地になれたらいいなあと。そして心静かに暮らしたいと。菩薩さまは、それがたとえ死であっても、自らが「空・くう」になることの一つとしてしか、受け取ってないから、心にさまたげがないんです。お金や物にしても、持てば持つほど、失う恐れや苦しみを味わうことを知っています。つまり、自らの欲望や執着心を捨てれば、恐れることも苦しむこともなくなるのです。おごりの心を捨て、自分の無力さを認め、そのうえで今日この場所で、できるかぎり努力して生きていけば、だれだって菩薩さまになれます。赤ちゃんにとって母親は菩薩さまだし、その人がそこにいるだけで、周りの人の心がおだやかになる。そんな人も菩薩さまです。そして、もう一つ大切なことは、偏見を捨て〝あるがままに生きていくこと〟なんだよ。そのままの状態で、人間の生きる意味をみつけることだよ。

つまり親だから…、恋人だから…、ご近所だから…、自分の仕事だから…、この「だから」が偏見なんだよ。親じゃなかったら、大切にしないの。恋人じゃないから、優しくしないの。この関係が、人を迷いの世界や苦しみの世界に落としているんだよ。この世の中を、あるがままの状態で正しく見つめ、あるがままに生きることが、心静かに幸せに暮らすことにつながるんだ。親も子も恋人もない。仕事もお金も地位もない。すべて「空・くう」、幻だって心で悟ことなんだよ。この心静かな境地に立つことができれば、

わずらわしい人間社会の中で、大事な個性を埋没させたまま生きることなど、なくなるはずだよ。心の中の一切の垣根を取り払う努力をしなさい。そして、本能や欲望を捨てる努力をしなさい。私たちを苦しめる原因は、自分たちの肉体と心にあるのだから。この世はすべて「空」、幻と気づけば、生も老も病も死もすべて無縁。なにごとにもこだわらず、

今日からあるがままに生きていけます。
いらいらするな。くよくよするな。ぎすぎすするな。おおらかに。おおらかに。
(にわぜんきゅうの般若心経・転載)

伊勢の神宮で感じた古来の人々が残されたメッセージ(神話)もさることながら、お釈迦様が二千五百年を超えて残されたこのメッセージに衝撃をうけました。

昨年から巡礼を始めて、触れていたのにも関わらず、今年この事に気づくことが出来ました。続けないと深まらない事があります。

旅を通じて、出会い関わる「人」同士が元気になり、心の豊かさを感じあえる機会を、
来るべく新しい年、時代(年号)に向けて、継続していけるように、大切に歩んで参る所存でございます。

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
どうか、笑顔と健康に満ちた良いお年をお迎えくださいませ。

  感謝一念 社長 酒井陽介