そのよし、心得申して候う

宮城県登米市 『森舞台』薪能 (たきぎのう)へ。

奈良時代以前日本がまた大和の国だった頃、平和と豊作を願ってカミに捧げた祈りこそが、能 ルーツ。

登米謡曲会、全員での式三番、謡(うたい)に始まりスーっと、その世界観に吸い込まれる。歌舞伎のような舞台装置はほとんどない。

そこに何を見るかは、観る人の想像に委ねられる。隈研吾さんがしつらえた森舞台 がまた素晴らしい。その名もふさわしく、緑が美しい竹の林の中に、観客席は近代的要素を取り入れつつ、舞台は昔からそこにあったような、いにしえの歴史を感じさせる。正面奥の鏡板には日本画家千住博の老松と若竹が生える。

17時、開演夕暮れどきの鳥の鳴き声風のおと、竹のゆらめき、秋の虫の声、そして、薪の燃える音、匂い、炎。演者たちの想い。その全てを受けとれるか、ミテ 観客たちも、試される。

『能は余白の文化です。あえて何もない空間を作り、ここに何が見えますか?と、観客に問います。どう解釈してもいい。そのとき感じたものを見てほしいのです。』
ノジュール
9月号より転載


政宗公は能楽史上に大きな影響を与えるほど能を愛したそうだ。伊達一門第五席、登米伊達家 が誇る登米能こんなに素晴らしい文化、歴史が、おらほの宮城、登米に存在することを体感した秋の夜長。興奮覚めやらぬ。

その由、心得申して候う

ご参加有難うございました。  たびのお友 酒井ようすけ

 

 

朝、7:00出発 白河インターで東北道をおりて マウントジーンズへ

IMG_4706
めずらしく 雨のスタート (そんな日もあるさ♪)

もちろん、車内は快晴デス◎

山頂にて 茶臼岳をのぞむ

IMG_4702
ゴヨウツツジ (五葉躑躅)

IMG_4674

ピントを ずらして撮ってみました◎

上 と 下

IMG_4682

IMG_4683
下 、 気に入っています。

ゴヨウツツジ:花言葉 〈上品・愛の喜び〉

IMG_4705

ランチのあと、すっかり快晴v

IMG_4720

IMG_4721

IMG_4726

IMG_4732

【お客様の声】
IMG_4716

《ご参加いただいたお客様へ》

 

先日は『きれい♡おいしい◎感動の那須・日帰りツアー』にご参加を賜り、
ありがとうございます。

当日は小降りの雨の中にも関わらず、早め集合にご協力頂きスムーズに出発(ありがとうございます)。差入れおむすび、ANAにひけをとらない(笑)車内サービスでお寛ぎいただきながら、栃木県那須へ。

まずはゴンドラに乗り、可憐なゴヨウツツジちゃんに会いに行きました。さわやかな空気の山頂に咲くそのお姿にうっとり♪でしたね。茶臼岳も顔を出してくれてなによりでした◎そして、イタリアンバイキングランチ、たくさん歩いてきたからと言い訳して(笑)美味しそうに召し上がるキャンディーズの笑顔が印象的でした。

那須自由時間では、大半の方が藤城清治美術館へ。92歳の少年の世界観、力作はみなさんの心に存分に届いたのではないでしょうか。昨年、煩った大病を乗り越えて、それでも尚、芸術家として極めようとするその生き様にたくさんの元気を頂いてきました。

旅をスマートに愉しむ皆様のお気持ちで終始和やかな雰囲気の中でお供をさせていただけたことに、心より感謝申し上げます。季節は夏へ。また楽しい企画をお届けするべく、スタッフ一同チカラを併せて歩んで参ります。またご一緒できる日を楽しみにしております。

ご案内 酒井ようすけ

スクリーンショット 2016-05-29 14.29.07

「旅を通しホッとできる関係をむすびます」

(株) 旅エール 仙台市若林区河原町1-5-33-4F

TEL 022-796-6770

PS・
アンケートへ貴重なご意見をいただき有難うございます。
参考にさせていただき、地元の方のための「旅」をさらに磨いてまいります♪

※ツアー参加者専用
旅の【おもいで写真室】2015.5.27 はこちらからどうぞ

 

 

スクリーンショット 2013-11-23 14.12.13
「旅を通しホッとできる関係をむすびます」

 

『福島県立美術館・黄金の巨匠たち展&花見山・飯坂♨ぶらり鯖湖湯』へ

※4月16日(土)

IMG_2070

当日は、 たび日和 に恵まれ春の陽気とともに和気藹々とご一緒することが出来ました。

楽しい雰囲気は参加者おひとりおひとりの気持ちをよせていただくことで

なんとも心地よい雰囲気になるように、お手伝いさせていただくのも

ツアーコンダクターのお仕事デス◎ ( 旅の指揮者ですから:笑 )

日本初公開の作品を始め、オランダ黄金時代の生の迫力を存分に感じていただき、

福島市内イチオシの四川中華料理店、円卓で会話のはずむ楽しいランチ、
160417-3-1

2週間早い桜の開花で、 惜しい花見山でしたが…

そこは、満開のハナモモの里でカバー♪

160417-68

飯坂温泉ぶらぶらタイムものんびりと過ごしていただきました。

鯖湖湯、あっついけど、 なれると、あの熱さがたまりませんよね〜♨

本物が放つ芸術のヒカリ、 お花のアカリ、 のおかげで

とても充実した 日帰りツアー にすることが出来ました。

皆さま、おてんとさま、ありがとうございます♪

《追伸》

先日、足利の栗田美術館に行って参りました。世界でも珍しい素晴らしい陶磁器が揃う美術館。オランダの東インド会社がアジアの技術に着目し、世界へ繋げてそして黄金時代の芸術に繋がっていったことをあらためて実感する機会でした。人と歴史と文化、途切れることなく、今を生きる私たちに繋がっています。
今後も豊かな旅の時間をご提供できますよう、スタッフ一同皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。また一緒にステキな旅の時間をともにいたしましょう◎

ご案内 酒井ようすけ

※参加者専用 【おもいで写真室】はこちら

「旅を通しホッとできる関係をむすびます」

0266456d6ed9ad75d0d96ae9b816603d

 

旅エールそよ風ツアーは快晴率88%!

今朝は冷え込みましたがその分、日中は堂々の晴れマーク

IMG_8975
今日は最少催行人数をしたまわっておりましましたが、

催行中止でお客様をがっかりさせる訳にはいきません!

あれこれやりくりして催行出来るよう頑張りました〜(汗)

IMG_8976 IMG_8978

都内マップを使って本日のルートをドライバーさんとしっかり打合せ。

全員のお客様をお迎えしたところで

 要正義(かなめまさよし)ドライバーより

『安全運転で参りますのでご安心下さい』 と心強いご挨拶。

IMG_8989
さあ、和やかな雰囲気で『発車オーライ♪』

IMG_8995

冬の澄んだ空気 青空がホントにきれいです。

IMG_8994
車内の時計もお客様の腹時計もちょうど12時、わくわくのお弁当タイム。

今日のお弁当は、すべて手作りの『おふくろ弁当』

若林でお弁当屋さんを営むせつ子さんが心を込めて作ってくださいました。

代表酒井のお母さんの『おふくろ弁当』。

ご参加の皆様から『ほんとうに美味しい♡』とのお言葉をいただきました。

IMG_9002
羽生パーキング鬼平江戸処で一休み いよいよ都内へ♪

IMG_9009

実は、代表酒井も同行(^-^)。
お客様と同じ感動を味わいたくて… 『お留守番なんて無理!』

IMG_9016

昭和の竜宮城 目黒雅叙園、百段階段雛まつりと絢爛豪華な空間にうっとり

IMG_9080

IMG_9052 IMG_9027 IMG_9050

今宵のお宿、東京プリンスホテルにてちょっと休憩。
これから向う劇団四季のミュージカル最中に眠ってしまわないように、
少し身体を休めました。
IMG_9091 IMG_9092

お夕食は『なだ万』のお弁当

IMG_9094 IMG_9095

さあ、いよいよ!

四季劇場に入場です。

IMG_9099 IMG_9098 IMG_9097 IMG_9103

 

世界が愛した舞台『サウンド・オブ・ミュージック』。

誕生から半世紀以上が経った今でも世界中の人々から愛されている名作が
劇団四季によって甦りました。

物語に込められた『家族愛』『祖国愛』『平和への願い』のメーセージを強く感じながら、『ドレミのうた』『エーデルワイス』『私のお気に入り』など子供の頃から馴染んだ音楽が、耳に心に気持ちよく響きます。

四季劇場ってすごい!!俳優さんの台詞も歌も絶妙な響きで客席に届きます。

今日の私たちのお席は2階の最後列。

にもかかわらず、

舞台は隅々まではっきり見渡せる見事な設計。
こんな急斜面の客席は他に類を見ません。

美しいアルプスの山々、そこに流れる優しいそよ風、清らかな小川の流れまでがまるでそこに見えるようです。

四季劇場だからこそ感じることが出来た感動が、

キラキラ輝いていました☆☆☆

IMG_9104

心地よい感動という名のお土産を 携えてお迎えのバスに乗り込みます。

IMG_9108 IMG_9109ホテルまで10分の道中。車内は『素晴らしかった!』の言葉に染まりました。

IMG_9116

ライトアップした東京タワーのお出迎えでもうすぐホテル。

 サウンド・オブ・ミュージックの余韻に浸りながらゆっくりお休み下さい。

ZZZzzzzz… ☆

おはようございまーす♪

澄みきった あおぞら

IMG_9185

IMG_9183

IMG_9188

なんと!! 二日目から

旅エール自社デザイナー&チラシ編集長、村上登場!

IMG_9204
旅エール 憧れの旅行会社
新潟のトラベルマスターズ の

添乗員研修に特別参加させていただき、
みっちり1泊2日の研修を受け、ホテルで合流しました。

と、いうことで

本日は旅エール・オールメンバーで(3人ですが…汗)
お共させていただきます!

IMG_9209 IMG_9221

早速、東京ドームで開催中の東京国際キルトフェステバル

開場9時半を待たずにゲートオープン。早めに入場v

IMG_9313

IMG_9307

IMG_9306

IMG_9304

IMG_9300

IMG_9295

IMG_9290

IMG_9282

IMG_9262

IMG_9237

IMG_9234

IMG_9231

 どきっ!!

( 家の中をおもいだす 笑 )

IMG_9229

IMG_9228

どの作品もひと針ひと針、丁寧に仕上げられた素晴らしいものばかりでした。
作成期間は一年〜二年かかるものもあるそうです。

こんなステキなキルトに囲まれて暮らしたいですね。

見ていて癒される作品ばかりでした、。

さて、

東京ドームでキルトフェスティバルをたっぷり堪能していただいたあとは

食べるおたのしみ、

日比谷  柿安八尺八寸箸 でのお食事♪

12650291_1708578202720645_928941449_n


12637266_1708578169387315_1452912623_o
12607092_1708578279387304_553240748_n
12633159_1708578152720650_1854870844_o

12607003_1708578179387314_297551296_n
和食、中華がメインのバイキング。 これがまた、どれをいただいても美味しい♡。

お好みでお皿に盛り付けてテーブルに運んでいただいたのですが、
お隣のテーブルの方から
『焼きそばも美味しいよ〜』とか『水餃子も!』『スープも!』『蟹だんご西京味噌汁も!』『お大根も! 』と、
すっかり仲良くなったお客様同士美味しさのご紹介がはじまり、
和やかなひとときを楽しみました。

お腹いっぱいバイキングを楽しんで、ふるさとに帰ります。

途中休憩した那須高原サービスエリアで名産の『レモン牛乳』

旅の初売り特典デスv

IMG_9393

お天気にも、お客様にも助けていただき車内はいつも和やかでした。

IMG_9396
IMG_9402

お客様のご協力と要ドライバーの素晴らしい安全運転のおかげさまで予定より早めにそれぞれの降車場所にお送りさせていただくことができました。

IMG_9405

ご参加いただいたお客様、ありがとうございました。

私たち3人も、 とてもたのしくお供させていただくことが出来ました。

またご一緒してください♪

  旅のご案内  中島篤子 

今年ラストの そよかぜツアー

(旅エールオリジナル 仙台発着 日帰り バスツアー)

嬉しい♪ 32名様とともに 出発進行!

1220あしかが※手づくりステッカーです。

そよかぜツアーの快晴率 は なんと!

88%

今日もまたいい天気♪ おてんとさま◎

ありがとうございます。

IMG_6550

IMG_6551

沖野、六丁の目、若林文化センター、木ノ下、河原町、長町、鈎取 を経由し

東北道の国見サービスエリアでも 2名様にご乗車いただき

総勢32名様で 楽しくバスは一路 宇都宮をめざしてすすむ♪

宇都宮といえば… 餃子ランチと行きたいところですが

本日の昼食は ホテル東日本宇都宮のイタリアンレストラン「フォンターナ」にて

IMG_6555

IMG_6556

クリスマスの季節をちょっと意識して、 イタリアンランチ☆

五種類の あつあつ焼きたてピザ &

お肉か、お魚のメイン

IMG_6552

IMG_6553

IMG_6554

昼食のあとは、のんびりバスにゆられて

ちょっとおしゃべりな添乗員 酒井の軽快な(笑)トークをBGMに

一路、絵と詩の調和 《富弘美術館》をめざす

目的地までの間のポイントをご紹介しながら…

◎徳川家康と日光東照宮

◎足尾銅山ってどんなとこ?

◎栃木の日本一ってなんでしょうか?

◎星野富弘さんってどんな人

などなど…♪

群馬県みどり市 《富弘美術館》とうちゃく

IMG_6567
スクリーンショット 2015-12-21 8.45.20

スクリーンショット 2015-12-21 8.41.19
なんどおとずれても。。。

優しいお花の絵 と じんわりと胸に響く詩 と向き合うえる

格別な時間

もちろん 富弘さんの作品も素敵でしたが、

一般の方々から募集する

《 第2回富弘美術館 詩画の公募展 》
の作品も展示されており、

これにもまた 元気をいただいた。

ボクも書いてみようかな。。。

これが第2回の大賞作品

(第3回募集チラシです)

スクリーンショット 2015-12-21 8.52.00

1時間でも足りないわ〜

もっとゆっくり みていたいところではありますが、

再び、栃木県へ

今回のメイン

あしかがフラワーパーク

の前に、

大麦工房ロアにて ダグワース(こがし麦のお菓子) のお買物タイム

栃木県は 大麦の生産量も日本屈指レベルなんだそうです。

IMG_6569

そして、渋滞を心配しておりましたが

スムーズに

300万球の煌めき 
『光の花の庭』 
あしかがフラワーパーク

到着♪

IMG_6587

IMG_6573

IMG_6583

IMG_6585

IMG_6598

IMG_6610
IMG_6623
IMG_6625
IMG_6631

動画でみるともっと その素晴らしさが伝わります

あっという間の 80分

ツアー参加者のみなさん

寒さのせいか、

はたまた日本一のイルミネーション

そのあまりの美しさにうっとりされたのか

ほっぺをあからめて、

目をキラキラさせながら

別世界からバスに戻ってきました。

あったかいお茶と 駅弁発祥のお弁当で

体をあたためながら、

仙台までの3時間半のみちのりを

たのしく帰ってまいりました。

IMG_6577
スクリーンショット 2015-12-21 9.23.05

今回の 日帰りバスツアー

あしかがのイルミネーションがメインでしたが、

その旅の軸には

樹・花 がすえられていたように思います。

富弘さんの描く 花

区画整理にともなって

だめだろうと言われていた、

奇跡の樹 大藤

今回この二カ所を巡ることで

わたしたちの

心に一輪の花が咲いたように感じた方も

多かったように思います。

『 心の花の庭 』

ご案内は、 酒井ようすけ でした。

また来年も この 旅エールオリジナル 仙台発着 日帰り バスツアー

《 そよかぜツアー 》にて

たくさんの方々と 本物の感動を分かち合うことができるように

スタッフ一同がんばってまいります。

今年一年、このそよかぜツアーに参加していただいた方は

延べ(リピーター含む)550名を越えました。

感謝の気持ちでいっぱいです。(300万球越えてます:笑)

この場をお借りして、心から感謝申し上げます。

また来年、笑顔でお迎えにあがります。

有難うございます。

IMG_6578

《旅を通しホッとできる関係をむすびます》
旅エール そよかぜツアー

スクリーンショット 2013-11-23 14.12.13

 【参加者のみなさまの感想】

◎スケールの大きいイルミネーションがとてもきれいでした。スムーズな行程が良かった。お弁当&車内カフェ(お茶、コーヒー)おいしかった♪

◎自分一人では絶対に行かない(行けない)所に連れていって頂いき、車中での予備知識も良く楽しい時間を過ごすことができました。昼食、富弘美術館、イルミネーション、お弁当、酒井さんのお話もすべて最高でしたヨ!!

◎添乗員さんの道中の楽しいお話、気配りに脱帽です。アットホームで手作り感満載でした。ひとり旅ではモノ足りないし、大きな団体ツアーでは何をしていたかわからないままに帰宅しているので、とても満足できました。ありがとうございました。

◎バスの中、至れり尽くせりのサービスに感動しました。トークも良かった。暖かい心を感じた。毎日の介護で心が疲れていたので美しいパークにいやされた。花の季節に来てみたい。孫にクリスマスプレゼントをたくさん買うことができました♪

◎フラワーパーク、思っていた以上にたくさんあり手が込んでいる富弘美術館もどちらも時間丁度よかったです。ランチ申し少し期待してました。

◎添乗員さんの明るさと気配りに感動です。あしかがフラワーパークのスケールの大きさに驚き参加してよかったと思いました。

◎他社ツアーに何度も利用しましたがすべてのサービス食事もおいしくいただきました。仙台駅まで行かず近くでバスにのれるのも良かった。

◎はじめての参加でしたが初めてではなかったような親しみを感じました。他のツアーとは一味ちがったものがありました。ほどほどに歩きも有り、心地良く疲れがあり、帰り足(バス車中)はぐっすりと眠れそうです。昼食も、お弁当もとても美味しかったです。

◎バスの中が明るく笑って過ごすことが出来て良かったと思います。サービスのお茶屋コーヒーよかったです。おべんとう大変おいしく頂きました。今度又参加したいです。

◎車内でのサービスお茶コーヒーどこの旅行会社にもなくとてもうれしかったです。健康でいられることに感謝して、楽しみながら旅にでられたらいいと思っています。

◎他のツアー(別会社)に参加したことがあるがこんなにサービスの良いのは初めてです。(お茶、こだわりのおやつ)これから行くところの説明、絵本の読みきかせなど。

◎旅エールのツアーはとにかく細かい気配りが素晴らしい。ただ、チラシの字も細かすぎて読めないです。大きくしてもらえないですか。

◎車内での行き先についての説明や、楽しませてくれる会話がよかったです。距離の長さを感じさせない対応に感動しました。

◎心から温まる旅でした。富弘美術館で感動しました。特にあらかじめ車中で星野富弘について添乗員さんから説明を受け、それから作品をじっくりとみたので感慨もひとしおでした。人生どんなどん底からでも起き上がる事が出来るのだな〜と感銘を受けました。チカラを貰いました。

スクリーンショット 2015-12-21 9.49.30
参照元:富弘美術館ホームページ 詩画展情報

早朝5時 おむすびをたずさえて

いざ出発♪

スクリーンショット 2015-11-29 19.13.42※ 仙台発着バスツアー 手づくりステッカーです。

初参加の方5名、リピーター8名様 運転手さn2名 16名にて。
夜が空けない早朝出発って、

ねむいけど。なんだかワクワクします♪

IMG_6162

〜〜〜〜〜〜〜〜

※今回からいつもの若林わくわくルートに加えて
太白たくさんルート も めぐってピックアップ

あったかいお茶 と 特製おむすび

コーヒー と 京都みやげの西尾の生八つ橋

お腹を満たして、モネにまつわるDVDをみながら 約5時間

あっという間に 上野恩賜公園 に到着

東京都美術館

マルモッタン・モネ美術館所蔵

【モネ展】

「印象。日の出」から「睡蓮」まで

IMG_6231

もちろん、会場内は撮影禁止

約90点の作品

「ジヴェルニーの黄色いアイリス畑」
の、まえにたったとき…

IMG_6241

ふわぁっ と、あたたかな 空気感・風 を感じました

あまりの感動に、レプリカを購入して撮影

2時間たっぷりと モネの世界を堪能していただきました。
(出口にある唯一撮影可能なゆるキャラ)
※カールおじさんみたい 笑

IMG_6177

美術館の窓からの眺め

IMG_6181

IMG_6183

土曜日で賑わう 上野恩賜公園 とってもいい天気に恵まれました。

バス 移動中に 富士山もくっきり見えましたよ。

IMG_6186美術館をでてすぐのところの スタバ

とても混んでました。

(ここのスタバでコーヒーのんでみたい)


今日のランチはちょっとユニーク

IMG_6197

バスで移動すること 約5分

そう!赤門です

正門のほうに向かい右にまがると、

IMG_6201

東京大学学食体験♪

(自由食です)


IMG_5493

安田講堂の地下にあるんです

IMG_6203

なに食べるか… まよう〜笑

IMG_5496

まるかんデパートを彷彿させるレイアウト♪

IMG_5497

選んだのは…

『 赤門ラーメン & ¥250カレーライス』

IMG_6206

食べたら、勉強するぞ〜 って

雰囲気でがっつきましたv

時間に少し余裕ができたので、 せっかくですから

もう一カ所へ ご案内

岩崎邸庭園へ
(三菱三代目社長の邸宅)

IMG_6223

IMG_6216

素晴らしい邸宅の中で

とっても、のんびりとした時間をすごせました。

30分で みれるとことを 50分 余分な時間が楽しんデス♪

一人参加の三名さまが 仲良く座って談笑してました。

こういう 雰囲気、 大切にしています。

IMG_6221

帰りは あえて、

浅草・雷門のまえを通って 「車窓はとバス観光」


今日のベストショット

「金さん・銀さん」 (笑)

IMG_6228

羽生PAにて 美味しいお弁当を積み込んで

みなさんの感想を聞かせていただきながら

ゆっくりと帰ってきました

IMG_6229

20:15 無事、仙台到着♪

楽しい一日をありがとうございました。

《添乗後記》

おかげさまでボクも初めて

モネの作品をみることができました。

なにげなく、すいよせられるように

「ジヴェルニーの黄色いアイリス畑」

の、まえにたったとき…

ふわぁっ と、あたたかなそよかぜ を感じました。

IMG_6241

この感動を今日は子供たちに伝えようと、奮発してお土産に絵本を購入

さっそく眉毛の濃い2人に読み聞かせしました。

子供達にも できるだけ、いいモノにふれさせてあげたいものです♡

IMG_6239

〜〜〜〜〜

1926年 12月5日 ぼくは86歳でこの世を去りました。
少年のころから 70年以上もの間 絵を描き続けた人生でした。

ぼくが育てた睡蓮は

今もジヴェルニーで花を咲かせているでしょう。

花も 木も 水も
そして雲や風さえも
かがやく光のもとに きらめいている。

朝も 昼も 夜も どんなときも
ぼくたちが 生きる世界は こんなにも美しい。

ぼくはそれを 描きたかった。

ぼくはクロード・モネ

ぼくが描いた風景が みんなの瞳の中で
いつまでも輝いていますように。

「ぼくはクロード・モネ」より
さく・林綾野 え・たんふるたん

〜〜〜〜〜

ご案内: 酒井ようすけ

《旅を通しホッとできる関係をむすびます》
旅エール そよかぜツアー

スクリーンショット 2013-11-23 14.12.13

 【参加者のみなさまの感想】

◎時間内でその時その時を考え、有効で楽しい企画を考えてやっていただいたバスツアーだったことに感謝です。赤門をくぐれて、60年ぶりの学食体験がたのしかった〜♪
◎素晴らしい気遣いのありのバスツアーでした。色々なツアーに参加してきましたが気遣いが最高♪ストレス解消(きえました)、笑顔で帰宅できます。
◎本物のモネに会えた。東大の学食おいしかった。安田講堂にも入れて、おまけに岩崎邸まで見学。心が洗われました。天気に恵まれ、渋滞もせずスムーズに全部順調。21年ぶりのモネに会えたことが良かった。
◎家族みたいでよかった。すこし忙しくても色々とみれて楽しいバスツアーでした。
◎お天気に恵まれた。モネの睡蓮をゆっくり時間をかけて、観られてよかった。東大の学食、値段のわりに美味しかった♪
◎充実した一日でした。天気も良く、命の洗濯をさせてもらいました。朝夕のお弁当もとてもおいしかった。添乗員さんおつかれさま。
◎運転手さんが2人いて、安心してバスツアーができました。今度はラグビーの試合を観戦してみたい。こじんまりしたバスツアーでまとまりが良かった。
◎仙台駅 から 長町駅 発着、乗降ルートが便利ですね。楽しかったです♪美術館の効率の良い見方を教えてもらえたらもっと良かったです。

東日本の先輩社長たちのおすすめのお店をご紹介します。
《海鮮☆ほっかいどう》

・北海道を安くいただく!根室食堂 ススキノ店
http://www.hotpepper.jp/strJ000954840/

・Theろばたやき!さかなや七福神商店
http://shichifuku-tanuki-sapporo.com/

・11席のプレミアムカウンター 寿司処有馬
http://sushi-arima.com/

・北の大地の食材にこだわる日本料理のお店
きょうど料理亭 杉ノ目
http://suginome.jp/

・北海道羅臼の厳選素材 海味はちきょう本店
http://www.atomsgroup.jp/index.html

 

《特選ジンギスカンのお店》

・本格派!  ジンギスカン羊飼いの店 http://xn--u8jf3af20ad.net/

・鮮度が命! 札幌ジンギスカンしろくま http://www.nisso.gr.jp/shirokuma/

・女性に好評!夜空のジンギスカン http://www.yozojin.com/
《その他の名店》

・ホッとするスープカリー奥芝商店 http://okusyo.com/
※ホームページのぞくだけでも楽しいお店♪

・大正ロマンを感じる室蘭やきとり 一平
http://www.e-ippei.com/
『豚肉 タマネギ 洋がらし』のスタイルで味わう

・王道の味噌と進化系の『ベジポタ』
北海道らーめん しずる
http://hokkaidoramen-sizzle.com/

・函館うにむらかみ(札幌店)
http://www.uni-murakami.com/nissay/index.html

 

 

 

『ヤッテマレ!!ヤッテマレ!♪』
IMG_1643

11896954_897999340293679_496909743_n
青森ねぶた、弘前ねぷた、黒石よされ…ゆく夏を惜しむかのように連日開催される津軽4大夏祭りの最終を堂々担うのが五所川原【立佞武多】。7階建てビルと同じ、迫力の高さ23mの豪快な山車と『ヤッテマレ、ヤッテマレ!!』じょっぱり達の勇ましいかけ声が、見物客の魂を揺さぶり不思議な一体感に酔いしれる…!!

 

そんな津軽の夏の一夜を楽しみに、
旅エールそよ風ツアー『五所川原立佞武多と津軽充実の夏旅』がスタートしました。

旅エール独自のらくらくルートから仙台駅のお迎え
お客様全員集合、この夏大好評の『氷おしぼり』と
旅エール名物『朝食おむすび』&朝茶でリラックス♪

さあ目指すは青森津軽平野。

仙台を出発したときはどんよりした空模様でしたが、りんご畑の ズーっと先に
11909729_778587228920504_1535001837_n

岩木山が見える頃には夏の青空がどこまでも広がり、津軽富士と称えられるその美しい山を眺めながら昼食の黒石『蔵よし』に到着。

11935721_129090054101616_1198185770_n

朝の集合からリズム良くご協力をいただいたおかげさまで、

予定になかった『日本の道100選 中町こみせ通り』藩政時代から大切に受け継がれた重要伝統的建造物群保存地区を散策にご案内することができました♪

 

さて、
昼食はコレまた藩政時代に建造された蔵屋敷『蔵よし』にて
創作料理+名物の黒石つゆ焼そば。
11931746_778587232253837_1400064472_n 2

B1グランプリに参戦した話題のB級グルメ、由来はこの寒い津軽地方で食べ盛りの学生さんに安くてボリュームがあって温かいおやつを食べさせたいというお母さんの優しい愛情から生まれたものだそうです。
ウスターソースを和風出汁で割ったスープを飲み干して、
デザートの抹茶アイスが出揃った頃、

 

11948188_897999326960347_2038416608_n

津軽三味線全国大会チャンピオンの渋谷幸平氏の登場!

11920366_778587222253838_1337371464_n

何も語らず、いきなりの演奏でググット興味は引きつけられ、その作務衣姿の若い青年に全員注目。津軽甚句、津軽よされ節、十三の砂山、ホーハイ節、津軽じょんから節…と力強いバチ捌きが披露され、合間には耳に心地よい津軽なまりでの解説がありました。目の前で奏でられるその迫力ある演奏は「聞く」というよりは「感じる」に近い響きで、マイクを通さないナマの津軽三味線の凄さを身体の芯から味わいました。

 

そんな津軽三味線の旋律の余韻に浸りながらながらバスは田舎館村役場へ向います。田んぼアートの見学です。役場庁舎にバスを横付けしエレベーターで4階へ、

さらに階段で6階展望台に上ると!

 

お見事!!突然眼下に広大なアート

今年はスカーレット・オハラ『風と共に去りぬ』

爽やかな津軽の風が稲を揺らし、まるでふわふわした絨毯のよう。

11868704_129090107434944_1587599839_n

 

さてさて音色とアートで津軽の夏を感じていただいたあとは、いよいよ五所川原立佞武多〜お祭り会場へ。

最終日と土曜日が重なって街道は混雑しましたが、
余裕をもって五所川原入りすることが出来ました。
まず『立佞武多の館』見学で「立佞武多」についてお勉強。

 

お祭りは夜祭りなので先に夕食をいただきました。
地元津軽で旅行会社を経営する先輩社長のコネクションで、会場近くの『相撲茶屋ちゃんこ』にお席を予約、津軽の食材にこだわったお料理をいただきながら冷房の効いた心地よい広間でお祭りのスタートを待ちます。

 

午後6時45分

すでにお客様は旅エール特設観覧席に全員着席。
手を伸ばせば山車に届くほどの至近距離、しかもメイン会場であるこの場所にお席を手配下さったのは日頃からご指導いただいている山形の東雲観光・鈴木社長。

全員分のお座布団まで準備下さいました。 ありがとうございます!!

11903571_129090120768276_1911937855_n

 

午後7時

11911478_778587675587126_1383680431_n

まつりの開会を宣言するアナウンスと花火が薄暗くなった五所川原の空に響き、灯が点った巨大な山車がぐんぐん迫ってきます。

11903415_778587692253791_1698743612_n

 

揃いの法被を粋に着こなした囃子方たちによる

 

笛、太鼓、鳴り物のリズムと、


『ヤッテマレ!ヤッテマレ!!』

 

勇ましいかけ声が五所川原の夜に響きます。

11910973_897999336960346_1733096084_n

11822370_771391292973431_6250562188371393852_n

11924665_897999313627015_762688085_n

11825162_771391366306757_7539847692394950824_n


『じょっぱり』たちの心意気に誘われて

 

津軽の短い夏 を身体の芯から味わいました。

〜 〜 〜 〜 〜

 

2日目も津軽は晴天。岩木山はさらにくっきりはっきりと見えます

バスは津軽一宮岩木山神社をめざし、りんご畑の道を走ります。

11897054_778587678920459_834558364_n

朝一番で清々しくお参り、ご利益はこの青空かな〜

朝から暑いぞ、既に30℃超え

 

お戻りいただいたバスの中では、今日も『氷おしぼり』の出番です。

途中、サプライズおやつ『嶽のきみ』を調達、この時期、この地区だけで手に入る茹でたてトウモロコシ。出発前に予約済。

甘〜くて、みずみずしくて、香ばしくて♪

コーヒー、紅茶、冷たい麦茶のバスカフェしながら鯵ヶ沢へ。
日本海を目指します。

 

 

千畳敷では日本海の心地よい風を楽しみました。
11939087_778587695587124_821897023_n

今日の昼食は不老ふ死温泉です。日本海の岩礁に露天風呂があり、その眺めを楽しみながら入浴はダイナミック!

『日本海に沈む夕日を眺めながら入りた〜い♨︎』

 

…ですよねえ。次はお泊まりコースでお誘いしますね。

 

おなかいっぱい、温泉もお楽しみいただきお昼寝モードに入りそうなスイッチを少し我慢いただいて、バスは世界遺産白神山地へ。十二湖・青池散策です。

木漏れ日も気持ちいいブナ林を散策しながら神秘の青色が美しい青池へ。ホントに青いインクを流し込んだようにここだけ青く透けているのはどうしてなのでしょう?

 

今回の旅は、大人気のお祭り『五所川原立佞武多』見物ということで大変な人混みの中のご案内となりました。そんな状態でも、どなたも逸れること無くお祭りを心からお楽しみいただいて、本当に有難かったです。

私ども旅エールの夏の大仕事のひとつである
この『五所川原立佞武多 津軽充実の夏旅』無事に終えることが出来ましたこと、ご参加の皆様、旅行会社諸先輩方、津軽三味線の渋谷様、蔵よしのおかみさん、田舎館村役場の職員さん、相撲茶屋の親方、大量の朝もぎトウモロコシを茹でてくれた農家のお母さん方、その他チカラを貸して下った皆様に心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

今回、津軽でいただいたトラベルパワーを肥やしに
また、いい旅をつくらせていただきます!!

IMG_1651

IMG_1821

旅づくりもそんな気がします。

感銘をうけた記事を共有させていただきます。

2015の最優秀賞 「水鏡の七五三」 野武高行(多摩)

素晴らしい! ショットです!!


スクリーンショット 2015-08-24 19.30.25

「ニンゲン」に関心を

(引用元) 2015全日本読売写真クラブ展

総評 立木義浩(たちきよしひろ)

時代が動いているのを肌で感じる今日この頃です。写真愛好家の皆さんのまなざしも少しずつ変化しているのが伝わってきます。基本的に天地自然の美しい景色、花鳥風月は主流ですが、眺めて詠嘆するだけに終わらない視線や判断を感じさせます。本腰を据えて目の前の事 物と取り組むのが得意な人々や、一瞬を見逃さない狩人の素早さで仕留めるスナップショットをお手の物とする名人まで、大勢の方々が今までの自分から脱皮しようとする構えがチラチラと見えるのは大きな変化の兆しです。人間は自分と違ったものを許さないところがあります。写真を通して他人の物の見方や感じ方に気がついたり刺激を受けると、目から鱗が落ちてものごとの真相や本質が分かるようになります。自分の殻に閉じこもらず、ひそかに不得手 だと考えていたものにも挑戦すると面白いことに出会えます。外側のことだけではなく自分の内側に今までと違ったものを感じるはずです。皆さんの手は生産的に、足は消費的に撮り続けて下さい。どうしたら良い写真が撮れるかという質問に意味がないのは、自分を取り巻くもろもろのことが 師匠であるからです。人生は写真やいろいろな問題に対する答えです。絶望であれ、愛であれ「ニンゲン」に関心を抱かないで写真は撮れません。前途が多難であればあるほど実りが大きいというのはいささか疲れますが、写真はそれほどすてきで面白いもの なのですね。最も重要な事実は、あなたの撮っている写真の良しあしの説明書は、貴方自身 が作っていくものだということです。

打合せの帰りみち 一番町でバッタリ!

阿波踊り に会いました♪

  

 

 仙台七夕 と 阿波踊り

惚れ惚れ♪

 

※本場・徳島から七夕の特別ゲストで
いらっしゃっていたようです。ようこそ!

 

 初めてしりましたが

 仙台市 と 徳島市 は、観光姉妹都市

 

 

仙台七夕祭り あと2日

 

仕事の合間に、街に出かけたついでに、 愉しみましょう!

 

せっかくの地元のお祭りもの。

関連記事 河北新報より <仙台七夕>阿波おどり、盛り上げ一役