ツアーに参加していただいたお客様がパチリ♪

  旅先の美味しい出会い◎

 

※親子(父、男の子2)3名で
参加してくださった方から教えていただき了承を得て転載させていただきました。

 

 《福島民報 転載》

県は16日、「フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」展が開かれている福島市の県立美術館の前庭で来場者に県産米を配った。
アフターデスティネーションキャンペーン(アフターDC)の取り組みの一環。アフターDCの特別企画に位置付けられている展覧会場に県内外から多数来場しており、県産米のおいしさを伝えようと実施した。
県オリジナル米「天のつぶ」300グラムか県産のコシヒカリ500グラムを観光パンフレットなどと共に約2千セット配った。うつくしまライシーホワイトの佐藤知世さん(20)=福島大3年=が来場者に手渡した。
展覧会には連日多くの美術ファンが訪れており、福島民報社などでつくる実行委員会は公共交通機関を利用して来場するよう呼び掛けている。

phpThumb_generated_thumbnail

■被災地支援へ募金箱を設置 熊本地震
「フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」展の実行委員会は16日、県立美術館内に熊本地震の被災地に向けた支援金の募金箱を設置した。
実行委員会幹事の佐藤泰彦県立美術館副館長は「被災地のためにいくばくかの尽力ができればと思い設置した」と話していた。

phpThumb_generated_thumbnail-1

転載元:福島民報ホームページ

当日のツアー(4月16日フェルメールと花見山公園)の様子♪

160417-67

『空と海とネモフィラ・青のハーモニー』へ


 今回、例年よりも2週間も開花の早かったお花の状況に応じて出発日を変更させていただきました。ご調整いただいた皆様、ありがとうございます。

そして、出発日変更に伴い、残念ながらご一緒することが出来なかった皆様にこの場をおかりして、お詫び申し上げます。

 当日は皆様の普段の行いのおかげ(!?・笑)で、

なんとか雨があたらないうちに〈ひたち海浜公園・圧巻のネモフィラ〉をお楽しみいただくことが出来ました。

おもいがけず、満開のチューリップにもうっとりさせられましたね♪
たっぷりと色とりどりのお花を楽しんでいただいたあとは、おまちかね◎

至福のバイキングタイム。
茨城の大地・お野菜の味をしっかりと堪能していただきました♪


 行き帰りの車中では、酒井のつたないトークと、茨城検定をお楽しみいただき、終始和やかな雰囲気でご一緒していただけ事に感謝申し上げます。

(次の旅で、再試験させていただきます:笑)

追伸・アンケートへ貴重なご意見をいただき有難うございます。
参考にさせていただき、地元の方の「旅」をさらに磨いてまいります♪

ご案内 酒井ようすけ

p1

「旅を通しホッとできる関係をむすびます」
0266456d6ed9ad75d0d96ae9b816603d

旅エールそよ風ツアーは快晴率88%!

今朝は冷え込みましたがその分、日中は堂々の晴れマーク

IMG_8975
今日は最少催行人数をしたまわっておりましましたが、

催行中止でお客様をがっかりさせる訳にはいきません!

あれこれやりくりして催行出来るよう頑張りました〜(汗)

IMG_8976 IMG_8978

都内マップを使って本日のルートをドライバーさんとしっかり打合せ。

全員のお客様をお迎えしたところで

 要正義(かなめまさよし)ドライバーより

『安全運転で参りますのでご安心下さい』 と心強いご挨拶。

IMG_8989
さあ、和やかな雰囲気で『発車オーライ♪』

IMG_8995

冬の澄んだ空気 青空がホントにきれいです。

IMG_8994
車内の時計もお客様の腹時計もちょうど12時、わくわくのお弁当タイム。

今日のお弁当は、すべて手作りの『おふくろ弁当』

若林でお弁当屋さんを営むせつ子さんが心を込めて作ってくださいました。

代表酒井のお母さんの『おふくろ弁当』。

ご参加の皆様から『ほんとうに美味しい♡』とのお言葉をいただきました。

IMG_9002
羽生パーキング鬼平江戸処で一休み いよいよ都内へ♪

IMG_9009

実は、代表酒井も同行(^-^)。
お客様と同じ感動を味わいたくて… 『お留守番なんて無理!』

IMG_9016

昭和の竜宮城 目黒雅叙園、百段階段雛まつりと絢爛豪華な空間にうっとり

IMG_9080

IMG_9052 IMG_9027 IMG_9050

今宵のお宿、東京プリンスホテルにてちょっと休憩。
これから向う劇団四季のミュージカル最中に眠ってしまわないように、
少し身体を休めました。
IMG_9091 IMG_9092

お夕食は『なだ万』のお弁当

IMG_9094 IMG_9095

さあ、いよいよ!

四季劇場に入場です。

IMG_9099 IMG_9098 IMG_9097 IMG_9103

 

世界が愛した舞台『サウンド・オブ・ミュージック』。

誕生から半世紀以上が経った今でも世界中の人々から愛されている名作が
劇団四季によって甦りました。

物語に込められた『家族愛』『祖国愛』『平和への願い』のメーセージを強く感じながら、『ドレミのうた』『エーデルワイス』『私のお気に入り』など子供の頃から馴染んだ音楽が、耳に心に気持ちよく響きます。

四季劇場ってすごい!!俳優さんの台詞も歌も絶妙な響きで客席に届きます。

今日の私たちのお席は2階の最後列。

にもかかわらず、

舞台は隅々まではっきり見渡せる見事な設計。
こんな急斜面の客席は他に類を見ません。

美しいアルプスの山々、そこに流れる優しいそよ風、清らかな小川の流れまでがまるでそこに見えるようです。

四季劇場だからこそ感じることが出来た感動が、

キラキラ輝いていました☆☆☆

IMG_9104

心地よい感動という名のお土産を 携えてお迎えのバスに乗り込みます。

IMG_9108 IMG_9109ホテルまで10分の道中。車内は『素晴らしかった!』の言葉に染まりました。

IMG_9116

ライトアップした東京タワーのお出迎えでもうすぐホテル。

 サウンド・オブ・ミュージックの余韻に浸りながらゆっくりお休み下さい。

ZZZzzzzz… ☆

おはようございまーす♪

澄みきった あおぞら

IMG_9185

IMG_9183

IMG_9188

なんと!! 二日目から

旅エール自社デザイナー&チラシ編集長、村上登場!

IMG_9204
旅エール 憧れの旅行会社
新潟のトラベルマスターズ の

添乗員研修に特別参加させていただき、
みっちり1泊2日の研修を受け、ホテルで合流しました。

と、いうことで

本日は旅エール・オールメンバーで(3人ですが…汗)
お共させていただきます!

IMG_9209 IMG_9221

早速、東京ドームで開催中の東京国際キルトフェステバル

開場9時半を待たずにゲートオープン。早めに入場v

IMG_9313

IMG_9307

IMG_9306

IMG_9304

IMG_9300

IMG_9295

IMG_9290

IMG_9282

IMG_9262

IMG_9237

IMG_9234

IMG_9231

 どきっ!!

( 家の中をおもいだす 笑 )

IMG_9229

IMG_9228

どの作品もひと針ひと針、丁寧に仕上げられた素晴らしいものばかりでした。
作成期間は一年〜二年かかるものもあるそうです。

こんなステキなキルトに囲まれて暮らしたいですね。

見ていて癒される作品ばかりでした、。

さて、

東京ドームでキルトフェスティバルをたっぷり堪能していただいたあとは

食べるおたのしみ、

日比谷  柿安八尺八寸箸 でのお食事♪

12650291_1708578202720645_928941449_n


12637266_1708578169387315_1452912623_o
12607092_1708578279387304_553240748_n
12633159_1708578152720650_1854870844_o

12607003_1708578179387314_297551296_n
和食、中華がメインのバイキング。 これがまた、どれをいただいても美味しい♡。

お好みでお皿に盛り付けてテーブルに運んでいただいたのですが、
お隣のテーブルの方から
『焼きそばも美味しいよ〜』とか『水餃子も!』『スープも!』『蟹だんご西京味噌汁も!』『お大根も! 』と、
すっかり仲良くなったお客様同士美味しさのご紹介がはじまり、
和やかなひとときを楽しみました。

お腹いっぱいバイキングを楽しんで、ふるさとに帰ります。

途中休憩した那須高原サービスエリアで名産の『レモン牛乳』

旅の初売り特典デスv

IMG_9393

お天気にも、お客様にも助けていただき車内はいつも和やかでした。

IMG_9396
IMG_9402

お客様のご協力と要ドライバーの素晴らしい安全運転のおかげさまで予定より早めにそれぞれの降車場所にお送りさせていただくことができました。

IMG_9405

ご参加いただいたお客様、ありがとうございました。

私たち3人も、 とてもたのしくお供させていただくことが出来ました。

またご一緒してください♪

  旅のご案内  中島篤子 

大崎地区発着 日帰りバスツアー

宮城の冬を堪能せよ♪

と、いうことで… ☆

18名のお客様と、

新春開運!
金蛇水神社参拝と復興応援閖上朝市&イチゴ摘み、
評判の六丁の目農園ランチバイキング

いってきました!

 

12583791_1707501236161675_63516235_n

 

昨年も大好評いただきました大崎地区発着のバスツアー

前日からの大雪にもかかわらず古川駅、中新田、色麻町の各お待ち合わせ場所には皆様早くからご集合いただき、スムーズにスタート。目指すは復興応援、閖上朝市。

12606770_1707503386161460_663107877_n

12575734_1707503442828121_1272410491_n

平成25年5月から閖上に戻ってきた朝市は、震災前よりパワーアップ

訪れる人を楽しませてくれます♪

12575990_1707504246161374_1740391862_n

12647602_1707504256161373_1182073456_n

12625702_1707504266161372_1809615329_n

12596093_1707506802827785_275846664_n

魅力的な新鮮海の幸、そして地元特産のあったかい食べ物♪ 海藻スープやセリ鍋は今年一番の寒波で冷えた身体をホカホカにしてくれました。

朝市では鮮魚のほかに、野菜やお肉、お菓子や果物、焼鳥や小籠包、おにぎりなど見るもの食べるもの、いろいろ楽しめました

12607212_1707507222827743_1088022799_n

後ほどのイチゴ摘み食べ放題に備えて、名物『閖上赤貝丼』は次回のお楽しみにとっておきました。本当はすごく食べたかったけど‥(^^)

さあ、続いては 新春開運祈願『金蛇水神社』参拝です。

12606865_1707508386160960_330955844_n
早速ご利益! 青空になりました(^^)

12575767_1707510636160735_1950123616_n

12606843_1707510692827396_1496422313_n

商売繁盛、金運円満、厄除開運、病気平癒、五穀豊穣、大漁満足‥たくさんのありがたいことを叶えて下さる金蛇水神社、そしてなんと! 本日1月24日は『巳の日』にあたりご縁日、お参りにはとてもよい日和なのでした。

 今年は禰宜さんからのお話も聞くことが出来て、早速の御利益をいただきました♪

12571435_1707511382827327_121694345_n

いよいよ、お楽しみ(^^) いちご摘み食べ放題スタート♪

山元町ではいちご畑のほとんどが海岸が近い場所にあったため、そのほとんどが津波にのまれて壊滅状態に。 たくさんの苦労の末、内陸の田んぼをいちご畑にして法人として再出発。復興の旗印を挙げたこの『山元いちご農園』を、微力ながら応援したいと昨年に引き続きお立ち寄りさせていただきました。

ハウスの中は27℃。コートを脱いで身軽になって食べ放題に挑みます。

12647891_1707515212826944_2049269239_n
ハウスの中で完熟させるイチゴは、本当に甘いのです

12607297_1707515259493606_1252417421_n


12467970_1707511666160632_1980104348_n
12575870_1707515196160279_1475490640_n

12606792_1707511579493974_1522293935_n

30分の食べ放題でしたが、皆さん『もうお腹いっぱい!』と時間前にハウスの出て売店でお家にお土産を買ってました。

バスのトランクはお土産の苺と閖上の海産物でいっぱいになりました(^^)

ランチまでは一時間の移動です。バスの中でゆっくりお休みいただいて、到着したのは、大人気、お野菜が美味しい『六丁の目農園』

12583974_1707518579493274_1567712482_n

12606829_1707518592826606_1083176354_n

12625810_1707518619493270_305864133_n

12633259_1707518772826588_147558347_o

お肉もピザもスープもデザートも美味しかった♡

バスに戻られるお客様は皆様『いちご、あんなに食べたのにー。別腹で入るもんだね〜』と(^^)

ご満足いただけて何よりデス。

本日ラストは懐かしさが嬉しい 定義山西方寺のお参りです。

12626098_1707519756159823_1203493326_n

12607257_1707519782826487_297704054_n

風格ある歴史を物語る山門

総青森ヒバ造の立派な御本堂

そして♪

やっぱり定義名物『三角油揚げ』

12584197_1707520102826455_1651913525_n

12625729_1707520692826396_160131619_n
私はお店でアツアツをたいらげ 更にお土産を買ってきました。 お客様も同じでした(^^)

家に帰り、かるく炙って生姜をのせて また食べました。今ごろお客様もご家族と今日の出来事を話しながら三角油揚げ食べてるかな〜(^^)

12596091_1707521982826267_1949435102_n

ちゃんちゃん♪  旅のおとも 中島あつこ でしたv

 

今年最初の そよかぜツアー

(旅エールオリジナル 仙台発着 日帰り バスツアー)

嬉しい♪ 28名様とともに 出発進行!

スクリーンショット 2016-01-22 7.04.28
※手づくりステッカーです。

初旅は 初雪の出発

ドライバーさんは 気を使うけど、雪景色☆

なんとなく、ジーンと嬉しい気持ちになりました。
IMG_8544

IMG_8549

IMG_8550

七郷市民センター、蒲の町、若林文化センター、仙台駅、河原町、若林 を経由し

長町インターから 昨年3月に全面開通した 常磐道で南下

総勢32名で テクテクとバスは進む

IMG_8557

IMG_8554
南相馬鹿島サービスエリア で 休憩

IMG_8555


IMG_8565

ポケットファームどきどき つくば牛久店

ここの ビュッフェ サカイ記録 3本の指に入ります♪

いつも参加していただく、森さん曰く

『このレストラン、近所になくて良かったぁ〜』

(もし、あったら2日いっぺんはきちゃう:笑)

茨城の大地の恵み

思う存分、あじわえます

IMG_8132

IMG_8133

IMG_8134

IMG_8179

IMG_8570
バイキングゾーンでの撮影は禁止

とって、いただいたのを ご紹介

IMG_8576

この たまごさん キミが レモンイエロー なんです☆

とっても美味しかったv

カルボナーラの上にのせて贅沢にいただきました

IMG_8580

これは↓ いちごドレッシング サラダ

すっきりさわやか いちごのかおり♪

IMG_8578

IMG_8577

IMG_8583

いばらき農協が 経営するこのドキドキレストラン

このポスターどおり!!

大地の恵みと

それを支える農家のみなさんの


想いを実感できる

レストラン なのです!!

 

IMG_8586IMG_8588

そして、 JAXA

つくば宇宙センター

IMG_8597

IMG_8595

IMG_8596
食べ過ぎて、おなかでてます(笑)

IMG_8606

IMG_8257

IMG_8609

IMG_8619

IMG_8622

IMG_8628

IMG_8642

IMG_8637


(写真引用:朝日新聞

ISS 国際宇宙ステーション

きぼう管制室

  窓越しに見学。 どきどきワクワクしましたv

 よく映画にでてくる NASA管制室 とも繋がっている。

大きなモニターにうつるISSごしの

生・地球映像に

 心ときめく

 その青い星にボクらはいるんだな〜

 日本で一番宇宙に近い場所 『JAXA』


IMG_8292
JAXAのあとは 笠間稲荷神社 にてお参り

IMG_8302

早朝5時 おむすびをたずさえて

いざ出発♪

スクリーンショット 2015-11-29 19.13.42※ 仙台発着バスツアー 手づくりステッカーです。

初参加の方5名、リピーター8名様 運転手さn2名 16名にて。
夜が空けない早朝出発って、

ねむいけど。なんだかワクワクします♪

IMG_6162

〜〜〜〜〜〜〜〜

※今回からいつもの若林わくわくルートに加えて
太白たくさんルート も めぐってピックアップ

あったかいお茶 と 特製おむすび

コーヒー と 京都みやげの西尾の生八つ橋

お腹を満たして、モネにまつわるDVDをみながら 約5時間

あっという間に 上野恩賜公園 に到着

東京都美術館

マルモッタン・モネ美術館所蔵

【モネ展】

「印象。日の出」から「睡蓮」まで

IMG_6231

もちろん、会場内は撮影禁止

約90点の作品

「ジヴェルニーの黄色いアイリス畑」
の、まえにたったとき…

IMG_6241

ふわぁっ と、あたたかな 空気感・風 を感じました

あまりの感動に、レプリカを購入して撮影

2時間たっぷりと モネの世界を堪能していただきました。
(出口にある唯一撮影可能なゆるキャラ)
※カールおじさんみたい 笑

IMG_6177

美術館の窓からの眺め

IMG_6181

IMG_6183

土曜日で賑わう 上野恩賜公園 とってもいい天気に恵まれました。

バス 移動中に 富士山もくっきり見えましたよ。

IMG_6186美術館をでてすぐのところの スタバ

とても混んでました。

(ここのスタバでコーヒーのんでみたい)


今日のランチはちょっとユニーク

IMG_6197

バスで移動すること 約5分

そう!赤門です

正門のほうに向かい右にまがると、

IMG_6201

東京大学学食体験♪

(自由食です)


IMG_5493

安田講堂の地下にあるんです

IMG_6203

なに食べるか… まよう〜笑

IMG_5496

まるかんデパートを彷彿させるレイアウト♪

IMG_5497

選んだのは…

『 赤門ラーメン & ¥250カレーライス』

IMG_6206

食べたら、勉強するぞ〜 って

雰囲気でがっつきましたv

時間に少し余裕ができたので、 せっかくですから

もう一カ所へ ご案内

岩崎邸庭園へ
(三菱三代目社長の邸宅)

IMG_6223

IMG_6216

素晴らしい邸宅の中で

とっても、のんびりとした時間をすごせました。

30分で みれるとことを 50分 余分な時間が楽しんデス♪

一人参加の三名さまが 仲良く座って談笑してました。

こういう 雰囲気、 大切にしています。

IMG_6221

帰りは あえて、

浅草・雷門のまえを通って 「車窓はとバス観光」


今日のベストショット

「金さん・銀さん」 (笑)

IMG_6228

羽生PAにて 美味しいお弁当を積み込んで

みなさんの感想を聞かせていただきながら

ゆっくりと帰ってきました

IMG_6229

20:15 無事、仙台到着♪

楽しい一日をありがとうございました。

《添乗後記》

おかげさまでボクも初めて

モネの作品をみることができました。

なにげなく、すいよせられるように

「ジヴェルニーの黄色いアイリス畑」

の、まえにたったとき…

ふわぁっ と、あたたかなそよかぜ を感じました。

IMG_6241

この感動を今日は子供たちに伝えようと、奮発してお土産に絵本を購入

さっそく眉毛の濃い2人に読み聞かせしました。

子供達にも できるだけ、いいモノにふれさせてあげたいものです♡

IMG_6239

〜〜〜〜〜

1926年 12月5日 ぼくは86歳でこの世を去りました。
少年のころから 70年以上もの間 絵を描き続けた人生でした。

ぼくが育てた睡蓮は

今もジヴェルニーで花を咲かせているでしょう。

花も 木も 水も
そして雲や風さえも
かがやく光のもとに きらめいている。

朝も 昼も 夜も どんなときも
ぼくたちが 生きる世界は こんなにも美しい。

ぼくはそれを 描きたかった。

ぼくはクロード・モネ

ぼくが描いた風景が みんなの瞳の中で
いつまでも輝いていますように。

「ぼくはクロード・モネ」より
さく・林綾野 え・たんふるたん

〜〜〜〜〜

ご案内: 酒井ようすけ

《旅を通しホッとできる関係をむすびます》
旅エール そよかぜツアー

スクリーンショット 2013-11-23 14.12.13

 【参加者のみなさまの感想】

◎時間内でその時その時を考え、有効で楽しい企画を考えてやっていただいたバスツアーだったことに感謝です。赤門をくぐれて、60年ぶりの学食体験がたのしかった〜♪
◎素晴らしい気遣いのありのバスツアーでした。色々なツアーに参加してきましたが気遣いが最高♪ストレス解消(きえました)、笑顔で帰宅できます。
◎本物のモネに会えた。東大の学食おいしかった。安田講堂にも入れて、おまけに岩崎邸まで見学。心が洗われました。天気に恵まれ、渋滞もせずスムーズに全部順調。21年ぶりのモネに会えたことが良かった。
◎家族みたいでよかった。すこし忙しくても色々とみれて楽しいバスツアーでした。
◎お天気に恵まれた。モネの睡蓮をゆっくり時間をかけて、観られてよかった。東大の学食、値段のわりに美味しかった♪
◎充実した一日でした。天気も良く、命の洗濯をさせてもらいました。朝夕のお弁当もとてもおいしかった。添乗員さんおつかれさま。
◎運転手さんが2人いて、安心してバスツアーができました。今度はラグビーの試合を観戦してみたい。こじんまりしたバスツアーでまとまりが良かった。
◎仙台駅 から 長町駅 発着、乗降ルートが便利ですね。楽しかったです♪美術館の効率の良い見方を教えてもらえたらもっと良かったです。

賢治が描いた夢の中へ、旅してきました。
ジョバンニとカンパネルラが星めぐりの旅に出た『銀河鉄道の夜』。
物語の世界へ誘われて、時を越える不思議な空間SL銀河の旅。

12023268_148414595502495_1568620687_n

〜〜〜〜〜〜〜〜

花巻駅 SL銀河始発の花巻駅では郷土芸能の鹿踊が賑やかに迎えてくれました。
改札を抜けると間もなく、SL銀河が入線。 間近で見るSLに皆興奮。

12025370_148414372169184_38036019_n

発車の時刻までは20分ほど余裕があります。
パチパチ写真を撮っていると、お揃いの赤い制服のお母さんたちが近付いてきました。
黒のコートにトランク、帽子を持っています。
どうやら宮沢賢治の姿に着付けしてくれるらしいのです。

早速、旅エールのお客様を宮沢賢治に変身!
12007284_148414422169179_1669959270_n
12007044_148414562169165_1691129836_n
似合ってますね〜☆

11996984_148414635502491_444206959_n

4両編成の客車には、『銀河鉄道の夜』に登場する星座たちが描かれ,「夜」は黒ではなく「青」で表現されていました。車内は大正から昭和にかけてのモダンなデザイン、
いたるところで賢治に出会えます。
釜石行きの汽車ですが、旅エールのSL銀河の旅は宮守駅まで。
賢治が『銀河鉄道の夜』をイメージした場所、めがね橋を見るためです。

私たちのバスが駐車場に到着したそのとき、ポッポー♪と澄んだ汽笛の音が響き、めがね橋の上を先ほどまで楽しんだSL銀河が渡って行きました。
シュッシュッシュッと力強く4両の客車を引くSLは、

本当に銀河へと

旅立つかのように美しく走り過ぎて行きました。
12023213_148413475502607_1075689333_n

SLに乗って懐かしい昭和の時代にタイムスリップしましたので、お昼食はそのまま、昭和レトロなレストランにご案内♪ 花巻市内の商店街にある

『マルカンデパート6階大食堂』

11230034_893948847365395_1293754723066041841_n

エレベーターの扉が開くと、もう別世界!

11997259_148414845502470_316955739_n
たくさんのメニューがズラリと並ぶショーケース。お寿司、丼もの、オムライス、ナポリタン、お蕎麦、ラーメン、ステーキ、中華…懐かしいパフェも種類がいっぱい! さあ、何をたべようか〜? 迷うのも楽しみ♪。そして安い!

マルカンラーメン ¥580
ジャンボソフト  ¥180

11870727_893948870698726_4230632558116158336_n

 

昭和レトロな大食堂で懐かしさに満腹 お戻りいただいたバスのなかでは、
お客様同士『ナニ食べて来たの〜?』『楽しかったね〜』『いや〜懐かしかった〜』とお話が盛り上がり、あっと言う間に宮沢賢治記念館へ到着。

12007268_148414968835791_143974449_n
この4月に大きくリニューアルした宮沢賢治記念館は、賢治の優しさがグイグイ心に染み入ってきます。裕福な育ち、ウラハラに周囲は飢饉に苦しむ人々…自分だけが豊かな暮らしで良いのか?と葛藤。 信仰、貧しさから皆を救いたいとの思いからの農学校、農業改良普及員、育ちの良さが奏でる音楽、そしてセロ。生まれ来る童話、詩。

その作品のほとんどが彼の没後に世に送り出されたのだそうです。
『雨ニモマケズ 風ニモマケズ』賢治の慈愛に満ち溢れた人柄がどの作品にも、そして記念館のいたるところに感じることの出来る温かな時間でした。

旅の締めくくりは同じ花巻市内の果樹園にて旬の味覚ブドウ狩りをお楽しみいただきました。今年の夏は猛暑のあと急に気温が下がったので糖度が増て作柄は良いとのことでした。さて、ホントでしょうか? ひと房、お味見♡。なるほど甘い♪ お見事!

11996995_148415018835786_665926772_n

こうして『SL銀河と宮沢賢治の優しさに包まれる一日』は、

気持ちのいい秋晴れのなか楽しく、優しく、美味しく、懐かしく終日お過ごしいただきました。 ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

帰りの道中、はじめて合ったお客様同士が

『次は旅エールで何して遊ぶ〜?♪』とお誘いあって
次のコースに一緒にお申し込みいただきました。嬉しかったです♪

出逢いの秋、実りましたV

12025559_148414622169159_420881165_n

ご案内: 中島あつ子 『またお会いしましょう』

《旅を通しホッとできる関係をむすびます》
旅エール そよかぜツアー

スクリーンショット 2013-11-23 14.12.13

 

人の名前がなかなか出てこない・・
やろうと思ったことを忘れてしまう・・

それは物忘れ
加齢による脳の低下で記憶力や判断力の低下が招く物忘れ。
恐ろしい病気・認知症にもつながるので、ぜひ解消したいですよね。

物忘れが少ない都道府県ランキング
5位 埼玉県
4位 宮崎県
3位 大分県
2位 山梨県
1位 鹿児島県

bnr_4_20150520104511233

 

なぜ鹿児島県が物忘れが少ないのか?


鹿児島県民の物忘れが少ない秘密は2つ!

鹿児島県の物忘れが少ない2つの秘密は

1、魚をよく食べている

2、郷中教育※ の名残で世代バラバラでの交流がある

 

※郷中教育 = 薩摩藩の武士階級教育のこと

参照元:情報マガジン・Wha2up
物忘れには、

食生活と、豊かなコミュニケーションが大切なようです。

モノ忘れに効く旅 あるといいですね〜
あー、「喫茶ママ」の白熊たべたい♪