1200年の伝統・祇園祭

IMG_0184こんにちは♪ 暑さが本格的になってきましたね。
今回は 旅エールそよかぜツアー 初めての飛行機を利用しての企画
日本三大祭の一つ 《祇園祭3日間》へ行って参りました。

台風11号の影響がとても心配でしたが、なんとか大丈夫でした。ふ〜

スクリーンショット 2015-07-19 15.56.16

今回の企画は、いつも観光経営の勉強会を一緒にさせていただいている

山形、福島、宮城、新潟、石川、長野、岐阜、埼玉、東京 の

10社と共同企画で実現!

岐阜のケイツーリストと京都駅で合流し、楽しい旅が始まりました。

京の地で 岐阜、名古屋、宮城 のお客様が一緒に旅をする。

※水色法被がケイツーリストの阿部社長、旅エールのお客様に岐阜名物の差入れ

(ちなみにこちらからは 笹かまぼこ )

玉井屋本店 登り鮎 おいしかった〜♪ 阿部さん、ごちそうさまでした!

スクリーンショット 2015-07-19 17.25.29さdふぁdふぁ

さfgだふぁdふぁdsf

 

 

 

dふさfgだふぁdふぁdスクリーンショット 2015-07-19 15.56.44

最初の昼食場所は 亀岡にある へき亭

亀岡城津田藩の旗本 日置(へき)家 築300の武家屋敷

独特の雰囲気の中でいただく京野菜の家庭料理

水戸黄門など時代劇によく使われる場所で、次回の朝ドラ「あさが来た」

撮影予定とか。女将さんも豪快で優しいユニークな方♪

さfgだふぁdふぁdsf

          食後は亀岡駅から 嵯峨野トロッコ列車にて嵐山へ ゴー!

11745962_881547235272223_8638726741060447251_n

嵐山でおりて、歩いて 竹林へ

IMG_0688

The 京都

さfgだふぁdふぁdsf

dふさfgだふぁdふぁd

その後、龍安寺の塔頭 宝厳院へ(写真NG)

再び、バスにのって京都・四条通へ

IMG_0171
祇園祭・宵山 見学

ところでみなさん、祇園祭の開催期間をご存知ですが?
身近な東北のお祭りは、2日から長くとも 青森ねぶた のような5日間くらいですよね。
祇園祭りは な、なんと!! 七月一日に始まり、七月三十一日までの一ヶ月間です。

砥園祭が始まったのは、魔の貞観年間(859-877年)
富士山・阿蘇山・鳥海山・開聞岳の噴火、三陸沖大地震に南海大地震、大津波、疫病蔓延…と天災が相次いだ。平安時代の京都の人々は「非業の死をとげた怨霊の祟りで、悪鬼が日本中に溢れた」と恐れた。
869年に平安京の神泉苑に国(いまでいう県)の数と同じ66の矛を建て、荒ぶる神・牛頭天王(スサノヲノミコト)の力を持って鎮める「祇園御霊会」(ぎおんごりょうえ)を行った。1200年が経ち、御霊会はかくも優雅な京都の祭りへと発展した。病魔退散、日本の安寧を祈願するお祭り。

一般には、17日(前祭・山鉾巡行と神幸祭)と24日(後祭・山鉾巡行と還幸祭)その宵山が広く知られているようですが、実に多彩な催事がおこなわれています。

10985051_881547121938901_490235617867037904_n
祇園囃子の音色が グッと気分をたかめてくれます

IMG_0189
すこーし、雨にあたりましたが 宵山 の雰囲気を存分に愉しめましたね

さfgだふぁdふぁdsf

dふさfgだふぁdふぁd

さfgだふぁdふぁdsf

んん〜♪ 出汁のいいかおり

img_nabe02

宵山見物のあとは、おまちかね 食べエール♪  河原町権太郎 の「うどんすき」利尻昆布からとるこだわりのお出汁が格別です。お客さんより、食べちゃったかも(汗)  ※写真:権太郎HP転載

さfgだふぁdふぁdsf

さfgだふぁdふぁdsf
「2日目」

IMG_0256

そして、いよいよ! 山鉾巡行当日 7月17日(金)

台風の影響が心配されましたが予定通り巡行

特別企画・永楽屋さん特別休憩所をお借りし 先頭の長刀鉾をまつ

11703037_881547141938899_4461729319574928658_n

毎年先頭をつとめるエース 長刀鉾 の、辻回しはお見事!

IMG_0280

 

IMG_0271

 

IMG_0315

各旅行会社スタッフ、ご当地法被を身にまとい
永楽屋ご利用の約100名のお客様を分け隔てなくサポート

さfgだふぁdふぁdsf

dふさfgだふぁdふぁd

IMG_0317
11033876_877151585711788_1176076157654654317_n

 

スクリーンショット 2015-07-19 16.23.04

東雲観光・鈴木社長はいつのまにかレジまでサポート 違和感なし(笑)


11755236_704314119700073_3765830622228737277_n

雨の山鉾巡行でしたが、 永楽屋 特別休憩所のおかげで快適快適♪

さfgだふぁdふぁdsf

 

 

 

dふさfgだふぁdふぁd

IMG_0337

お祭りの後のお愉しみ 井政 の茶福箱弁当

祇園祭らしく、鱧がふんだんに♪ 井上さん、ありがとうございます!

スクリーンショット 2015-07-19 16.26.58

スクリーンショット 2015-07-19 22.31.44

食べるときは仕事以上に本気なふたり(笑)

さfgだふぁdふぁdsf

 

dふさfgだふぁdふぁd

IMG_0364

 賀茂別雷神社(上賀茂神社)
第43回 式年遷宮
普段立ち入ることのできない場所で 御白砂撒きを体験

さfgだふぁdふぁdsf

dふさfgだふぁdふぁd

ケイツーリストの皆様とはこのあとお別れをし、続いて神幸祭へ

       
IMG_0402

雨ちゃん、 この辺りから本降りに(泣)

さfgだふぁdふぁdsf

dふさfgだふぁdふぁd

祇園祭・前祭 もうひとつのハイライト 神幸祭(しんこうさい)

地元の方にとっては、これが あついあつい!

《 スサノヲの荒ぶるチカラで 疫病退散を祈る 》

どしゃぶりの雨が 京の男衆の 意地 を引きだす

 ほいと!ほいと! ほいと!ほいと!!

 

こういうの気合い入って、だい好きです

 

 

IMG_0530

 

京男衆の意地 ここにあり!

さfgだふぁdふぁdsf

dふさfgだふぁdふぁd

「3日目」

IMG_0562

朝 鈴虫寺へ

鈴虫説法、心に響きます
《和顔愛護》心の美しさ、大切さ

 

 

スクリーンショット 2015-07-19 16.39.54スクリーンショット 2015-07-19 16.41.19

スクリーンショット 2015-07-19 16.41.45

 

京都癒しの旅 下戸さんおすすめの老舗2軒で お買いもの

漬け物大こう ・ 澤井醤油店

※試食注意 これが当たり前になると大変です(笑)

さfgだふぁdふぁdsf

dふさfgだふぁdふぁd

 

IMG_0694

雨にぬれながらも 充実の京都祇園

伊丹空港 フライトを待つ皆さん どこかさびしそう
もう一泊、しちゃいましょうか?(笑)

さfgだふぁdふぁdsf

dふさfgだふぁdふぁd

IMG_0703

あっという間の三日間

 台風が心配でせっかくの旅に影響がでるのでは…と、一度は参加をとりやめようとした方から、
帰路の機内で書いていただいたアンケートに嬉しいお言葉はたくさん並んでいました。

〜〜〜
今回思いきって参加して本当に“いい事”がありました。
「台風で最悪の天候にも拘らず随所にネットワークの広さを駆使して楽しい旅にしてくれた」
「岐阜など他のツアーの方と一緒に行動し交流を持てた事。岐阜、新潟、京都の社長さんたち情熱的でステキです」など。
〜〜〜

 今年の2月に勉強会兼下見で京都を訪れ、先輩社長たちのおかげでこんなに素晴らしい三日間をお客様にご提供できたことが幸せです。そして、自社のお客様のみならず、共感する地元旅行社ツアー参加者のみなさまをメンバー一丸となってサポートできたことも有意義でした。京都で受け入れをしてくださったトラベル京都の近藤さんはじめ、永楽屋のみなさまにも深く感謝いたします。

 今回の祇園祭ツアーを通して、またあらためて 千年の都「京都」の魅力に触れることが出来ました。東日本大震災を経験した私たちにとって、同じような地震と津波があった1,000年以上前の貞観年間から伝わる祇園祭が、そう、かけはなれたところからきたモノだと思えません。先人たちが伝えようとしたメッセージはなんだったのか。想いを馳せて残したかったモノが連なって、一ヶ月に及ぶ日本一のお祭りが現代に存在する。そんなことを思いながら、一緒に愉しませていただきました。

戦後70年、高野山開山1200年、古事記編纂1300年など、私たちもまた大きな大きな時代のうねりの節目を生きています。この旅で受信したメッセージを日常で活かしてこそ、旅の意義も深まるはずですね。

======
京都という場所は、それを観照する者の精神的な成熟を試すようなところがある。「京都適齢期」とでもいうようなものがあるように思う。自らの姿を鏡に映すように、人生体験が深い分だけ奥行きを見せてくれるのである。

 京都の本質が長い時間の中で培われたものであるからこそ、その奥深い魅力に子供の頃はなかなか気付かないのだろう。自らの生の歳月を重ねる事によって、人は始めて歴史というものを味わうことができるようになる。仲間たちと比叡山の猿を見て騒いでいた中学生の私には、京都の豊かな文化的生態系を育んできた時間の流れの重みを理解する準備が出来ていなかった。

 自分の人生を一生懸命に生きた分だけ、京都はその魅力を開いてくれる。自分の脳の中に蓄積された経験を京都という奇跡のなせる「鏡」に映し出すためにも、折に降れ「大人の修学旅行」に出かけたい。

      茂木健一郎 著書:脳で旅する日本のクオリア より
=====



IMG_0732
また 京都 を訪れるとき、どう感じれるのか

壮大な祭り・京都 は、 一朝一夕には味わいつくせない。

旅エール 酒井陽介

 

 

 

仙台うみの杜水族館 

プレオープンへいってきました!

 

本日、6月24日(水)

初夏のまぶしい日差しに爽やかな海風が心地よくそよぐ午前10時、
心待ちにしていた『仙台うみの杜水族館』が関係者向けのプレビューオープン
7月1日のグランドオープンに先駆け一足早く見学させていただきました。

あの 八景島シーパラダイス が、プロデュース!

その素晴らしい施設の様子を一足先に皆様へ

新ホームページ初投稿 中島あつ子 がご紹介させていただきます♪

nakajima


IMG_9446


入り口でパンフレットを受け取りウエルカムホールに入ったところから、別世界。
スクリーンに映し出された海景色がこれから始まる海物語の最初のページ。

この水族館の コンセプトは

いのちきらめく、うみの杜

IMG_9444

うっとりしながら進めると、いきなり天井からホヤが~!!
IMG_9447

この季節、居酒屋さんでお通しとして酢の物になったものをよくいただきますが、海のなかでは
こんな風にして育っているのですね。お陽様の光も木漏れ日みたいに優しくホヤたちを包んでいました。

 

そして、息をのむ巨大水槽。こちらも太陽の光が降り注ぎ、悠々と泳ぐ魚たちを更にキラキラと輝かせて、一日中眺めていたい気持ちになります。

IMG_9445

三陸の海を紹介するコーナーでは朝ドラ「あまちゃん」を
思い出させる『北限の海女になった自分を自撮りする』遊び心溢れたスポットもあり楽しかったです。

IMG_9448IMG_9449


2階はビーバー、ペンギン、アザラシ、イロワケイルカ、クラゲなど、これまたずっと見ていたくなるユニークな生き物たちが待っていてくれます。餌付けも見ることかできました。スタッフの案内で「バックヤードツアー」「ペンギンツアー」など表側からは見ることの出来ない体験ツアーもあり楽しさテンコモリ。

IMG_9451

 

そして、海の杜スタジアムで行われるアシカとイルカのコラボパフォーマンス。松島水族館当時のかわいらしさをそのまま残したアシカに加え、横浜八景島から来仙の6頭のイルカのパフォーマンスは見事でした!

IMG_9440

このスタジアム、よく見るとプールと客席を隔てるアクリル塀が無いのです。より間近で見たい方はバシャバシャ水しぶきがかかるのを楽しみながらで最前列へ。しぶきがかかるとスタッフがタオルを持って走って来てくれるのも愉快でしたよ。

海面からは見るこの出来ない養殖の様子を目の高さで知ることのできるコーナーや絶滅危惧種の保護育成の状況など、子供たちの成長にあわせて何度も連れて行きたい、そんな水族館に仕上がっていました。

大人も子供も興味をもって楽しめる  仙台うみの杜水族館、

是非、時間に余裕を持ってのんびりお訪ねください。

ちなみに… 地元のみなさんには年間パスポートがおすすめです。

大人も子ども、2回分で1年中通えます♪

IMG_9454IMG_9453IMG_9452IMG_9443

お読みいただき、ありがとうございます。

旅エール そよかぜツアー 企画担当

中島あつこの たびレポ でした♪  またお会いしましょうv

 

 

2014年5月24日(土)

【美々美!! 水・雅・花の美しさを訪ねて鳥海山の恵み、酒田舞娘の華やかさにうっとり 東北一!!4万株の寒河江つつじ公園 美しさにふれてリフレッシュできる日帰り旅】

IMG_3088

 

 

 

 

 

 

 

 

《お客様の声》

・鳥海山のガイドがとっても良かったです。旅の最後の温泉は最高ですね。舞娘演舞も一回は見ても良いものですね。

・初めて行くところばかりで自然とたくさんふれあえて楽しかった。また違う季節にも行ってみたいと思った。また、少人数だったのでみんなと仲良く会話ができたのも良かった。

・山盛りの行程だったが全て予定通りに進めて行けたのは良かった。無駄なものは無かった。年代も様々だったが、和気あいあい。添乗員のうんちくの努力も感じた。

 

↓ツアーの様子はこちらをクリック!

美々美ツアー

 

——————————————————————————————————————–

 

 

2014年6月21日(土)-22日(日)

【鳥海山の恩恵 のどかな象潟 海・山・食・風土に満たされる2日間】

IMG_4100

 

 

 

 

 

 

 

 

《お客様の声》

・オリジナル感がいっぱいで新鮮!行程表にとらわれずある程度、余裕があるということは大事ですね。

・とっても楽しかったです。緑の中、マイナスイオンも浴び健康になった気がします。(明日の筋肉痛が心配ですが…)今後も旅エールにしかできない旅を期待しています。ありがとうございました。

・鉾立展望台で雪の上を歩いたのは初めてでした。とてもいい思い出です。元滝伏流水での見学の節は大変お世話になりました。次の日の自信になりました。白滝旅館から見た鳥海山の色は一生忘れられないスバラシイ風景でした。

・個人旅行でも団体(大人数)でもきっと出来得ないことが満載だったこと。

 

↓ツアーの様子はこちらをクリック!

 象潟ツアー

——————————————————————————————————————–

 

 

2014年7月27日(日)-28日(月)

【旅エールで行く三陸エール じぇじぇじぇ!! 復活三陸鉄道

あまちゃん!?夏ばっぱ!? 北限の海女に会いに行こう】

あまちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

《お客様の声》

・バスの中もゆったり、スケジュールにも無理がなく、運転手さんやガイドさん、添乗員さんの心遣いが出来ていて楽しかったです。

・今回初めて見学する所があり、自然とのふれあいでとても癒されました。のんびりできました。

・震災後、一度訪れてみたいと思っていました。

・足腰の弱い私をみなさんが手取り足取り、前の方に出してくださったり、手を引いてくださったり、本当に参加させていただきありがとうございました。

 

↓ツアーの様子はこちらをクリック!

じぇじぇじぇツアー

 

———————————————————————————————————————————————————————————————-

 

旅エール オリジナルツアー 第3弾

旅エールで行く三陸エール

じぇじぇじぇ!!

復活三陸鉄道

あまちゃん!?夏ばっぱ!? 北限の海女に会いに行こう

——————————————————————————————————————–

2014年7月27日(日)-28日(月)

ドラマ「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市へ行ってきました。

 

 

◎あまちゃん!?


うに

 

 

 

 

 

 

 

小袖にはウニやアワビを素潜りで採る海女の漁法が残されています。その由来は夫が遠洋魚業に出る間、女性が家計の足しにす
るため始めたものだそうです。

この日は、海女さん4名が実演をしてくれました。

水深7,8mを垂直にすぃーっと潜水します。しばらくしてふーっと浮き上がると、両手いっぱいのウニが!観客席から拍手がわき起こります。

採ったウニは、海女さんがその場でさばいてくれます。海水の絶妙な塩味もあり、こんなに美味しいウニは初めて食べました。

あまちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

小袖

 

 

 

 

 

 

 

◎まめぶ!?

続いて

お昼は海鮮丼とまめぶ汁です。

ドラマにも登場し話題となった、まめぶ汁は元々久慈市山間部の「ハレ」の日の郷土料理で、市内の人でも知らなかったそうです。

だんごの中にはくるみと黒砂糖。とっても美味しかったです。

まめぶ

 

 

 

 

 

 

◎サンテツ!?

さんてつ

 

 

 

 

 

 

おなかもいっぱいになったところで、三陸鉄道に乗車。

震災から3年、今年の4月に全線開通を果たしました。

久慈駅から普代駅まで約30分の電車の旅をたのしみました。

途中、「あまちゃん」のロケ地となった「堀内駅」や夏ばっぱが大漁旗を振った場所を車窓から見ることができます。

 

◎海野アルプス!?

北山崎

 

 

 

 

 

 

 

 

普代駅を降りて北山崎へ。

海のアルプスと称される北三陸は、垂直に切り立った断崖が連なり雄大です。

この日は真夏のような天気でしたが、あたりの空気はひんやりとしていました。この辺りはヤマセが吹くので、夏でも涼しいそうです。

 

この後はお宿へ移動しました。

浄土ヶ浜パークホテルの三陸ビュッフェバイキングは味も見た目もすべてがパーフェクト!

ロケーションも最高です。

海から登る朝日がみられる、というので朝4時に起きてスタンバイ!

これがその写真です!

写真

 

 

 

 

 

 

 

◎遊覧船!?

ホテルの近くには遊覧船乗り場があり、約40分の船旅を楽しむことができます。

震災時の様子や景観の説明、吉永小百合とポスターの撮影をしたというガイドさんの軽快なトークであっという間でした。

遊覧船2

 

 

 

 

 

 

写真

 

 

 

 

 

 

◎エール!?

今回のツアーの冠に「旅エールで行く三陸エール」という言葉があります。

三陸を応援に行くツアーでもあるのです。

陸中センター石川さんは1Fがお土産屋さん、2Fはレストランでしたが震災の津波で大きな被害を受けました。

しかし、その一ヶ月後には復興関係で働く方々へ仕出し弁当づくりを開始したそうです。

そして、平成24年8月には震災前のかたちで営業を再開しました。

そんな、がんばっているお店をぜひ応援したい!ということで立ち寄りさせていただきました。

旅エールのエールは応援ですから。

 

◎海の幸!?

釜石サンフィッシュではお買物と昼食を楽しみました。

このツアー中ずーっと海の幸をいただいてきました。

どれもおいしく、たいらげてしまうのがもったいない!とゆっくりゆっくり味わいました。

そんな、その土地のおいしいものがいただけるのも旅の醍醐味ですね!

写真

 

 

 

 

 

 

 

◎碁石海岸!?

さらに南下し、碁石海岸へ。

大船渡市末崎半島の東南端約6kmの海岸線を「碁石海岸」と呼びます。名前の由来は、碁石浜という波によって磨かれた玉砂利の浜からきています。

そのほか、残したい日本の音風景百選に選ばれた「雷岩」など見所もたくさん。語り部さんのガイドで見て回りました。

あいにく、この日は海が穏やかで「雷岩」の雷のような音は聞くことができませんでした。

こんな日もあるのですね。

雷岩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎最後に。

青く美しい海、

たくさんの恵みをくれる海、

一方で、強大な力を見せつける海。

 

大きな被害を受けたくさん傷ついても、海とともに暮らす人々。

その強くしなやかな姿は、「よし、私もがんばろう!」という気持ちにさせてくれます。

エールをもらったのは、私たちの方かもしれません。

 

 

ラスト

旅エール オリジナルツアー 第2弾

鳥海山の恩恵

のどかな象潟

海・山・食・風土に満たされる2日間

——————————————————————————————————————–

2014年6月21日(土)-22日(日)

今年4月に象潟へ下見に行き、信頼できる現地スタッフと出会い、受け入れ体制はバッチリ整っていました。

 

鳥海ブルーライン入り口でガイドさんと待ち合わせ。

なんと!

にかほ市観光課のみなさんが横断幕を広げて待っていてくれました!

これにはお客様、弊社スタッフ、バスに乗っていた全員が心をつかまれました!!

写真 2

 

 

 

 

 

 

 

感動も冷めぬまま鳥海山五合目、鉾立展望台へ。

ここでは自然の造形、奈曽渓谷の雄大さに感動しました。

夏のような日差し、春の草花、残る雪、季節が入り乱れ独特な環境。

また一つ、鳥海山の魅力にふれた気がしました。

CIMG0595

 

 

 

 

 

 

CIMG0593

 

 

 

 

 

 

 

そんな鳥海山に降った雨や雪がしみ込み、何十年もかけて伏流水として湧き出す場所があります。

それが、元滝伏流水。

IMG_3955

 

 

 

 

 

 

滝のように見えますが、滝ではありません。

伏流水は7℃と常に一定です。

冷蔵庫で冷やした水くらい冷たく、周辺はひんやりと涼しく居心地が良かったです。

IMG_3960

 

 

 

 

 

 

 

 

にかほ市金浦町には、明治末期に南極探検に挑んだ白瀬 (しらせ のぶ)という男がいました。

その記録は「白瀬南極探検隊記念館」で見ることができます。

写真 3

 

 

 

 

 

 

今回は館長自ら案内をしていただきました。

そして実際の南極の氷を溶かし、氷の中に閉じこもっていた何十万年も前の空気の音を感じる、という貴重な体験をさせていただきました。

CIMG0614

 

 

 

 

 

 

 

続いて、象潟と言えば松尾芭蕉。

かつて象潟は「東の松島、西の象潟」と称される景勝地でした。

「八十八潟九十九島」と呼ばれ、松島のように海に島が点在していました。

その美しさを聞き知った松尾芭蕉が「奥の細道」で目的地の一つとした地でもあります。

しかし、200年前の大地震で海底が隆起し、陸地となりました。

現在では田んぼの中に小高い島々があります。

歩いてめぐる島めぐりが楽しめます。

IMG_4026

 

 

 

 

 

 

IMG_4038

 

 

 

 

 

 

IMG_4042

 

 

 

 

 

 

 

《2日目》

「奇跡の森・獅子ヶ鼻ウォーキング」。

IMG_4100

 

 

 

 

 

 

 

 

約5kmの道のりをのんびり歩きました。

ガイドの伊藤さんは所々で止り、植物の名前やブナ林の不思議についてレクチャーしてくれました。

学びながら、のんびりゆったり楽しめるウォーキングでした。

写真

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4172

 

 

 

 

 

 

 

 

写真 5

 

 

 

 

 

 

 

にかほ市には雄大な山や清らかな伏流水、ブナの深い森など豊かな自然があります。

大事な宝ですね。

そして、

横断幕で出迎えてくれた観光課のみなさん。

地元の食材をつかったランチをお腹いっぱいごちそうしてくれた農家レストラン。

岩ガキや山菜の旬な食材でもてなしてくれた旅館のおかみさん。

2日間同行してくれたガイドの伊藤さん。

人情味あふれる地元の方々も、にかほ市の大事な宝です。

季節を変えてまた行きたい地です。

 

 

IMG_4238

旅エール オリジナルツアー 第1弾

美々美!! 水・雅・花の美しさを訪ねて

鳥海山の恵み、酒田舞娘の華やかさにうっとり 東北一!!4万株の寒河江つつじ公園

美しさにふれてリフレッシュできる日帰り旅

——————————————————————————————————————–

2014年5月24日(土)

鳥海山の湧水、酒田舞娘のあでやかなな舞い、咲き誇るつつじ。

お天気にも恵まれ、三つの美を満喫しました。まさに美々美ツアー!

 

●鳥海山の湧水

「鳥海山名水ドライブ」と銘打って、伏流水として湧き出す見所を3カ所巡りました。

IMG_9016

ガイドは遊佐鳥海観光協会 村井さん。

庄内弁と標準語を使い分ける軽快なトークは観光する者のテンションを上げてくれます♪

 

 

 

《胴腹滝》

IMG_3088

写真 3

 

 

 

 

 

 

 

 

《牛渡川》

IMG_3105

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9056

 

 

 

 

 

 

 

《丸池様》

写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ランチ

「ル・ポットフー」でコースランチ。

IMG_3127

 

 

 

 

 

 

IMG_3129

 

 

 

 

 

 

創業40年、酒田市の老舗フランス料理で舌鼓。

落ち着いた雰囲気の店内でいただく美味しいお料理。

お客様同士の会話もはずみ、楽しい時間となりました。

 

●酒田舞娘

江戸時代、北前船の寄港地として栄えた酒田。

上方と酒田の文化が交ざり、色鮮やかな文化が花開きました。

酒田舞娘もその一つです。

IMG_9092

 

 

 

 

 

 

写真 2

 

 

 

 

 

 

料亭を観光施設に改装した「相馬楼」で舞娘演舞を鑑賞しました。

一つ一つの美しい所作に雅を感じました。

 

●寒河江つつじ園

東北最大級、約4万株の寒河江つつじ園に行きました。

ちょうど白いつつじが一面を埋めるように咲き誇っていました。

寒河江のまちを一望できるロケーションも最高です!

IMG_3148

 

 

 

 

 

 

IMG_3143

 

 

 

 

 

 

 

旅の最後は温泉で疲れを流してリフレッシュ!

山形に到着したときは雲に隠れていた鳥海山も、帰る頃には姿を見せてくれました。

まるでお見送りしてくれたようでした。

また行きたいです。

 

 

IMG_3099

2月11日、12日 14名の参加者のみなさんと楽しんできました。

今回の参加者の感想を掲載します。

おっこの木(若栃)のみなさんとは、雪の季節だけの交流でしたが

今年の夏は、 『若栃の夏 花火大会ツアー』 を企画しています。

若栃の 素朴でジュッとする『夏』も楽しみです♪

993804_591159547644328_595112688_n

※アンケートの質問内容※
1、今回の 小出雪合戦ツアー で、
一番楽しかったこと をおしえてください!
2、『若栃、小出、新潟』の どんなところが 好き ですか?
(好きになりましたか?)
3、『 ??? に向けて』熱いメッセージをお願いします
例えば。。。
来年の雪合戦への意気込みや、
一緒に戦ったチームメイト、一緒に旅した仲間、
細金さん(個人名)、旅エールへの激励など、

1、すべて楽しかったので、なかなか
絞れないです。が、あえて決める
と一番は、カンジキでの山歩きです。
雪原の上に落ちるという貴重な経験も
できました。

2、若栃について
やまごっつぉや地酒が最高なのはもちろん。
伝統の行事や踊りも素晴らしく印象に残りました。
でも、一方で過疎化など色々な問題もあるわけで。
自分にとって何より良かったことは、そういった
色々な問題と、地元で向き合おうとしてる自分と
同年代の話を聞けたことです。

3、旅エールさんへ向けて
予想以上の旅でした!
これからもおもしろい旅の企画を
よろしくお願いします。

仙台市 今泉大佑さん

1、一番楽しかったこと
バスの中もおっこの木ももちろん雪合戦も楽しかったんだけど
一番楽しかったのはやっぱり雪原にダイブしたこと。
ふかふかの雪につっこんでごろごろするのは最高です。

2、若栃、小出、新潟の どんなところが 好き ですか?
非日常っぽいところ。
それとおっこの木の皆さんや雪合戦の少年達との再会がうれしい。
また会いに行きたいです。

3、旅エールさんに向けて
会社の人に新潟に行ってきましたと言ってお土産配ったら
またあの恒例の雪合戦?毎年行ってるよね。と言われました。
楽しかったことって自然と周りに話してるものなんですね。
自分のうかれ具合を再確認しました。
めでたく会社の人からも恒例行事とみなされているようなので
またぜひ来年も連れて行ってください。
楽しい旅をありがとうございました。

仙台市 Tさん(女性)

1925118_599453613481588_1778355826_n

1、
あれもこれも楽しかったから1番は難しいなー。
うーん、うーん、でも、やっぱり「雪合戦」かな。
もっと試合したかった!!【悔しい】、その一言に尽きます。

2、
やっぱり【人】です。
若栃も、小出雪合戦のスタッフも、みんなから「おもてなし」の心を感じました。

3、
来年のバスの中での余興に向けて
盛り上がる「あるある」ネタ、準備していきます(笑)
罰ゲームにはさせないぜっ!

仙台市 笠原真里子さん

1
全部楽しかったけど…初めてのかんじきウォークと雪投げ(雪の中へダイブ)が強く印象に残っています。
細金さんに早く雪投げをしようと言われて、あの雪深い中で雪合戦でもするのか?と思いきや、傾斜のところでダイビング。不意をつかれて一瞬怖くなったけど、これまたやみつきになる楽しさでした(*^^*)
テレビも音楽も無い、ただ深々と降る雪の音、ザクッザクッというかんじきで歩く雪の音、人の笑い声、時間を忘れてしまうほどでした。

2
おっこの木のお父さん、お母さんのステキな笑顔が大好きです。
私達のことを考えて、やまごっつぉのメニューを考えてくれていること、伝統的な踊り、歌を披露してくれること。若栃のことを誇りに思っていることが強く伝わってきて、自分も地元についてもっと勉強して伝承していかなればと感じました。

3
旅を一緒にした仲間へ
たった1泊2日の旅でしたが、一週間位一緒に過ごしているかのような感覚で、楽しい時間をありがとうございました!
もちろん、雪合戦も雪山での体験もすべて楽しかったですが、人と人の繋がりを感じる旅は貴重な体験でした。このツアーを通じてこれからも長く交流できたら嬉しいです!

旅エールさんへ
いつも安心して旅に参加できます!
またおもしろい企画を楽しみにしています☆
ありがとうございました(*^^*)

仙台市 Eさん(女性)

923374_598241250269491_614582738_n

1.
全てが楽しかったので一番となると難しいですが、
あえて選ぶなら、私は「おっこの木」で過ごした時間です。
何故かわかりませんが「ここちいい」のです。
きっと「人」なのでしょうね。
その場にいるだけで「ここちいい」のですからすごい事です。

2.
若栃のおかあさんたちとおとうさんたちが好きです。
おかあさんたちは恋しちゃうくらいカワイイです!
というか実際恋しちゃってます(*⌒∇⌒*)
おとうさんたちは男が惚れるくらいカッコイイですし!!

それからさすが雪国ならではの雪遊びが
おもいっきり出来るところが好きです。
きっと子供の頃に雪国で過ごしたせいですね。
雪合戦やかまくらはもちろん、
かんじきも子供の頃は履いて遊んでました。
若栃、小出は冬にしか訪れていないので、
ぜひ雪のない時期にも訪れてみたいものです。

3.
一緒に旅した仲間へ
2日間楽しい時間をありがとうございました。
また来年も一緒にいけること楽しみにしてますので、
のんべいな私ですがよろしくお願いします(⌒-⌒)

仙台市 Tさん(男性)

①雪合戦ツアーで一番楽しかったこと
A:楽しいことがいっぱいあってどれが一番か判断できないので全部あげてみます。
・行き帰り(バスの中)の宴会
・若栃での雪中行軍&雪遊び
・雪合戦での戦い&応援
・1日目に行った千年の湯(温泉)
・初参加でしたが、参加した全員との強い絆ができたこと
・若栃のお父さんお母さんとの交流会&おもてなし

②若栃、小出、新潟のどんなところが好きですか?
A:若栃のお父さんお母さんたちの温かい心に触れることができ、皆さんのやさしさが好きになりました。
自然が大好きなので、ここで暮らしてもいいかなと思いました。でも、半年の雪とのかかわりを考えるとあきらめましたが、暮らして みたいと思うほど若栃はいいところでした。

③???に向けて メッセージ
A:”2015年雪合戦参加するぞ~!!”
今回初参加の雪合戦!出るからには勝たなければ!
今年できなかった優勝を目指して、2015年は作戦会議から 参加します。
つー隊長、
一緒に優勝目指しましょう。よろしくお願いします。

最後に、旅エールさん。楽しいツアー有り難うございました。
これからもよろしくお願いいたします。

PS:おっこの木の皆さんはとてもいい人たちなので、
ぜひ皆さんも来年は参加してみませんか。
雪合戦もおっこの木での交流会もとても楽しいですよ。

仙台市 いわちゃん(男性)

1・全部楽しかったけれど一番はやっぱり雪合戦ですかね。自分の試合の時だけじゃなく、仲間のチームの試合の時も外野から声をかけて共に戦い、自分のことのように喜んだり、悔しがったりするみんなの姿に今年も『青春だなぁ』と胸が熱くなりました。

2・昨年はおっこの木のお母さんお父さんの明るく楽しく温かい居心地のよさに惚れましたが、今年は南相馬の歌をうたい涙するお母さんお父さんの姿に優しさ、、、というか強さを感じ、ますます大好きになりました。

3・2014年雪合戦参加者の皆様へ

2日間ありがとうございました(^^)!
今年の勝った嬉しさ、負けた悔しさを胸に1年後もまた今年の14人と一緒に雪合戦参戦したいです!!
また、一緒に青春しましょー(笑)♪

旅エールへ

TBYの企画する旅に参加する度、
好きな人、好きな土地がどんどん増えて、私の人生もどんどん幸せになってゆきます(*≧∀≦*)♪
人を幸せにできる旅行業、ステキですね!これからも、人と人とをつなぐ旅を期待しとります!!

仙台市 Bさん(女性)

44346_427075900704938_1656303970_n 1011751_595383680540825_67636734_n